2010年 09月 18日
9/17夜、9/18午前
f0095047_10142278.jpg<9/17ピックアップ時の病院にて>

お迎えに行ったら微熱があるせいか
夜のお薬(抗生剤)を点滴していた。
20分ほど待ったらいつもの
「カチャカチャバタバタ・・・カチャカチャバタバタ・・・」
という足音が聞こえてきた。
普段の「ウヒョヒョヒョヒョヒョ〜〜〜♪♪♪」と比べると
「ウヒョ♪」くらいの元気さ。
早く家に帰りたいようだが先生とお話。



- - - - - - - -

16日の食事は全て吐いた。17日の朝のは吐いていない。ステロイドを与えると風邪ひきやすくなる(微熱もそのせい?)、人間が風邪ひいた時食べたくなるようなうどん、おかゆ系の消化の良いサッパリ流動食がいい。野菜などの食物繊維はいらない。

今疑っている自己免疫性疾患(人間のこうげん病みたいの)には通常は免疫抑制剤を使うが、ピコの場合ガンとのバランスを考えないといけない。免疫を抑制しすぎるとガンが勝つ。AHCCなどのサプリはしばらく与えない方が良い。


現在の治療はあくまでも暫定診断によるもの。ピコのこの状態を初診で見たら間違いなく骨髄系を疑うが、それにしては進行が遅いのが不思議すぎる。よって今までの経過を見ると免疫系も考えられる、という事。変だ。おかしい。不明。わからない。「現状を学会で発表しても誰も分からないと思います」と。不思議なピコちゃん。

免疫系にはナントカという薬(血液を破壊させないためのブロッカー)も有効だが、その薬はこれ以上血液が減ったら死んでしまうのでイチカバチか最後の手段的に使う薬だそう。しかも暫定診断で使うには大変高価。いずれにせよ今のピコに使うには早すぎるのでは、と。

よってヘマトクリットが上がる事を期待しつつ引き続きステロイド治療のためしばらく通院。上昇気味なら血液検査だけでその日は帰宅。下降したら輸血候補犬に連絡してすぐ輸血。

- - - - - - - -


f0095047_10152923.jpg帰宅途中に少量だが良いウンチ。
帰宅後は水がぶ飲み。
胃捻転にならないよう少量ずつ何度かに分けて与えるが
ずっと水から目を離さない。


f0095047_10155598.jpgこの症状を使わない手はない。
水を取り上げて鶏胸肉、白米なんかでジャブジャブ系流動食を作る。
キッチンまでズカズカ入ってくる←食べる気満々の証拠。
吐かないよう何度かに分けて与える。
ピコは若干鶏や穀物アレルギーだが今は背に腹は変えられない状態。
食べられる物は食べてせっせと血を作ってもらわないと
(その血を自分で破壊したら意味ないんだけど)。
最終的には残したが、通常の量の2/3ほど食べた。


f0095047_10161078.jpg最近のピコは何故かリビングのピアノの足元がお気に入り。
吐かない事を祈りつつ添い寝。
夜中に何度かチェック。
吐いてない。よし。


f0095047_10173495.jpg9/18朝。気のせいかちょっぴり元気な気がする。
またキッチンにズカズカ入ってくる。
ちょっとしつこいかな、しかもピコあんまレバー好きじゃないしな
(焼いたら食べられるが生は大嫌い)と、思いつつも
「やっぱ血にはレバーでしょ!」と豚レバーをソテー。
サイコロにしてオヤツみたいに手で与えたらバクバク食べる。すごく嬉しい。
食べ足りないようなので
(まさかそんなに食べると思わなかったら少ししか用意してなかった)
引き続き牛肉ごはんの流動食を控えめに与える。完食。
もっと食べたそうなのでおたま一杯分追加したら最後は残した。
全体的に通常量しっかり食べた。

ダンナに連れられて獣医へ。
車中や病院で吐かないでくれるといいな。
行きがけにウンチ。量や状態はダンナが見てるのでわからない。
ダンナの報告待ちながらブログ更新準備。


ダンナから連絡あり。先生に電話をかわってもらう。
ヘマトクリット、血小板値、共に9/14よりも下がってしまった。
機械での検査なので多少の誤差はあるものの
血小板値に関しては昨日の半分以下なので明らかに下がっている。

って事はやはり免疫系ではなくて骨髄系なのか?
と聞いたらそうとも言い切れないらしい。
ステロイドだけでは症状が抑えられていないのかも。
更なる治療検査が必要かもと。

とにかく輸血の準備をした方が良いので
連絡を取ってください、との事でWさんに電話。
すぐに準備して病院に向かってくださるとの事。
まさか本当にお願いする事になるとは。
しかも連休の初日。申し訳ない。

ピコは現在いつもの点滴中。
引き続き輸血となるか、場合によっては今日は血を用意するだけで
実際の輸血は明日でもいいかもしれないらしい。
輸血は2日に渡ってゆっくり行うとの事。
場合によっては入院。

そこそこ元気だったし、食べたし、吐かなかったし、
絶対数値が上がってると期待していたのだけれど。
(だからこそ今日は私は休んでダンナに頼んだ)
その場にいれないのがもどかしい。

不思議なピコちゃん、難しい病気と闘っているんだね。


[PR]
by goopicot | 2010-09-18 10:47





<< 9/18後半      帰宅 >>