2010年 09月 28日
9/27後半、9/28前半
9/27後半

夕方の免疫抑制剤吐かず。
夕食もまた100g自分で食べてくれた。
夜のお薬も吐かず。
今日は合計300g(プラスおやつ)も食べてくれた!
100点満点!言う事なし!本当に嬉しい!

明日も穏やかな1日でありますように。
どうか数値が下がっていませんように。


9/27血液検査(基準値)
WBC 32900 (6000-17000)
RBC 257 (550-850)
Hb 6.3 (12.0-18.0)
PCV 21.2 (37.0-55.0)
MCV 82.5 (60.0-77.0)
MCH 24.7 (19.5-24.5)
MCHC 29.7 (32.0-36.0)
Plat 2.3 (20.0-10.0)
BUN 26.5 (9.2-29.2)
Cre 0.5 (0.4-1.4)
TBil 1.7 (0.1-0.5)
Alb 2.2 (2.6-4.0)


- - - - - - - -

9/28前半


f0095047_13425259.jpg起きた様子ですぐ分かる。
今日は元気がない。

一瞬朝ご飯を食べそうな様子を見せるが一口くわえてペッ。
でも昨日がんばったから今朝は無理に食べさせないことにする。

ウンチもしない。やっぱおかしいな。
ま、そういう日もあるんだろうけど。

f0095047_1346508.jpg病院前で緩いウンチ。やっぱ黒い。
H先生に見せたところ「レバー食べてますか?」と。
レバー食べると黒くなるらしい。
めっちゃ食べてます。そうだ、それに違いない。
胃潰瘍なんかじゃない。

いつもの点滴に付き添い。H先生と話し合い。
点滴中に2度ほど吐きそうになる。
が、今朝食べてないので何も出ない。
念のためシリンジ1本もらってきた。(流動食用)


ヘマトクリット19.5、1.7%ダウン。
血小板値2.1、0.2%ダウン。
この数値だと明日の輸血はまず無いとの事。
木曜日の可能性大。或いは金曜日。

今後の輸血体制については昨日の私の理解で正しいようだ。
30kg以上のコなら1頭でもいいかも、らしい。

果たして薬は効いているのか。
ステロイドもガンマガードもあまり効いていないらしい。
或いは通常よりかなり時間がかかっているらしい。(そっちだ!)
ヘマトクリットが1日に3%も4%も減ってしまうと「むー、やはり効いてないのか」と、
今回みたいに減り方が1%台だと「お、そろそろ効いてきたか?」と思う、と。

先生も、そして多分応援してくださってる皆さまも
私と同じように一喜一憂してるんだろうなー、と思うと
なんだかそれだけで心強い。

繰り返しになるが、これは自己免疫性疾患ではなく
組織球が骨髄に入り込んで血小板を破壊してるって可能性も
まだ完全に除外されたわけではない。

「しかしなんせステロイドで腫瘍が消えちゃってますからねぇ。。。」

そうなんです!それなんです!

今のピコじゃどうせ全身麻酔での骨髄検査は不可能。
だったら迷ったり悩んだりする意味がない。

脾臓摘出についても聞いてみた。
やる、やらないは別として
とりあえず全ての情報をテーブルの上に置かないと。
ネットでも調べてみたが、確かに血小板破壊を阻止するために
脾臓摘出という方法が存在するようだ。
しかしそれが今のピコにどれだけ効果を発揮するのか。
リスクと比較してどうなのか。
病院側としてはかなり消極的な印象。。。そりゃそうだよな。

今日も先生に我々の気持ち(方針)を伝えた。
治療に対する考え。延命に対する考え。
最近ちょっとしつこいほど伝えている。(笑)
だってもし勘違いされてたら嫌だから。

とにかく今は薬の効果を信じて治療を続けるのみ!

9/28血液検査(基準値)
WBC 21400 (6000-17000)
RBC 234 (550-850)
Hb 5.9 (12.0-18.0)
PCV 19.5 (37.0-55.0)
MCV 83.3 (60.0-77.0)
MCH 25.2 (19.5-24.5)
MCHC 30.3 (32.0-36.0)
Plat 2.1 (20.0-10.0)
TBil 1.6 (0.1-0.5)
Alb 2.0 (2.6-4.0)
Na 141 (141-152)
K 4.4 (3.8-5.0)
Cl 108 (102-117)



[PR]
by goopicot | 2010-09-28 14:39 | 犬/健康





<< 9/28後半      Twitter休止&コメント再開 >>