2010年 10月 10日
10/6前半
朝起きて、シリンジで水飲ませて、オシッコさせて、
流動食用意して、食べさせて、自分の仕度して、
庭に出して、ウンチさせて、緩い時にはお尻を洗って、
車に積んで、7:45に出発して、Yを駅で落として、そのまま獣医へ。

3週間ですっかり身に付いたこのパターン。
当然のごとくこの日も朝早く目覚める。

。。。あ。

そうだ。
今日からは家にいていいんだ。
ピコとゆっくり過ごしていいんだ。

幸せだ。

前夜の帰宅がとても遅かったY。
仕事の疲れがたまっている、そして久しぶりにピコが家にいるという事で
この日は会社を休むと言う。

わーい。
3ピキでゆっくり過ごそう。


f0095047_1834196.jpg(07:22撮影)

とっても気持ちのいい朝。
抱っこで庭へ。


f0095047_18394865.jpg(07:34撮影)

3ピキでお庭でぼーっ。


f0095047_18411121.jpg(08:09撮影)

←クリックで拡大







ピコが見つめる景色。


f0095047_18433778.jpg(08:37撮影)

←クリックで拡大




ピコが嗅いでるニオイ。








この日の朝からピコは4本脚全てがきかなくなっていた。
もっともこれは想定内、グーも似たような状態で数週間生きた。
しかもあの頃のグーと比べるとピコの方がよっぽど力がある。
当然この状態でしばらく介護が続くものと思っていた。
あわよくば奇跡が起こる、なんて期待さえ持ちつつ。

Yと私で体を支えながらお庭でオシッコさせようとしたがしなかった。
尿毒症も心配だが、それ以上にオシッコが出ないという事は
本人にとってどれだけ辛い事なのだろうか。
カテーテルを装着させた方が本人は楽なのだろうか。
だったら今日やはり獣医に行った方がいいのだろうか。

そんな議論をしながら家に戻り、試しにトイレシートの上に運んだら。。。ジャー。
あーよかった。やってくれた。
しかし明日からどうしよう。
私1人で、いや多分Y1人でもダランダラン状態の彼女を
オシッコポジションで支えるのは不可能。
やっぱカテーテルか?

とりあえず午後まで様子を見る事に。


f0095047_18461310.jpg(09:51撮影)

そこら中に飛び散ったオシッコを掃除してから
ピコふきふきタイム。

お尻やお股は特に念入りに。


f0095047_1971419.jpg(10:04撮影)

Yと日向(は暑いから日陰)ぼっこ。
風がとっても気持ちいい。

この日は友人がピコのお見舞いがてら
ランチにお弁当を買ってきてくれる事になっていた。
電話でYの分のお弁当1個追加注文。

彼女が来るまで午前中はうだうだ過ごす事に。


f0095047_19163162.jpg(11:55撮影)

←クリックで拡大




本を読んでるYにピコがくっついてきた。
その光景が微笑ましくて思わず携帯を向けた。






まさかこの数時間後に彼女がいなくなるなんて
思いもせずに。


[PR]
by goopicot | 2010-10-10 19:20 | 犬/思い出





<< 10/6後半      10/5後半 >>