2010年 10月 13日
10/8〜10/9

f0095047_9561760.jpg前日ご近所のMKちゃんが葬儀屋さんに問い合わせてくれた。
とにかく内臓を冷やしなさい、水滴は避けなさい、らしい。
やはりアイスノンとクーラーだけで3泊はキツイのか?

という訳で朝1で5kgのドライアイス到着。
5kgなんて多すぎかと思ったらちょうどよかった。
蒸発しないようにタオルで巻いてから上下がんじがらめに。
お腹エリアは特に集中的に。
冷気が逃げないようにお棺の上にタオルケットも。

しばらくしたらポンポコお腹がカチンコチンに凍った。
これなら後はアイスノンとクーラーでフォローしたら
明日まで問題ないだろう。

f0095047_95799.jpg午後カレンオークママ(現ナミママ)が来てくださった。

「グーママさん。。。」

会った瞬間に何も言わずにハグしてくださった。
やばい、泣きそうだ。

カレンオークママも私と同じ境遇だった。
カレンちゃんが亡くなって、しばらくオーク君1頭で、
そのオーク君も亡くなって、そして家から犬がいなくなる。

一体それはどんな感じなのか。


f0095047_9573936.jpgナミちゃんを迎えるまでの事を色々と伺った。
その間無邪気なナミちゃんはオモチャで遊んだり
アニマルプラネットを見たり。


お話を聞きながら思った。
私はまだピコの死を実感していない。
遺体があるうちはまだいい。
本当の喪失感はこれから来るのだ。

こわい。。。

f0095047_9581849.jpg夕方遅くにご近所のF夫妻やOさんも来てくださった。

「キレイなお花ねぇ。ピコちゃん幸せねぇ。」
「はい、私が死んでもこんなに花は届きません。」



明日は雨らしいので今のうちに庭から何かお花を。。。
と思ったら、こういう時に限って花が全く咲いていない。
数ヶ月の工事のせいだ。
グーの時はさるすべりのお花がちょうど満開だった。

でも、どうしても何かお庭の物を入れてあげたい。
仕方がないのでほとんど花のついていない
終わりかけのキンモクセイをチョキチョキ。

ごめんねぇ、ピコ。



そして相変わらず寒い部屋で
ピコと最後の夜を過ごした。

f0095047_959446.jpg10/9朝。
お棺の飾り付け。

グーさんの時と同様、途中でプチホラーがあったりもしたが
詳細は書かない事にする。(笑)
とにかく動かす時は要注意。特に頭。

皆様からのお花についていたメッセージカードは
短冊みたいにキンモクセイにつけてみた。

ちょっとゴチャゴチャしちゃったけど
気持ちはいっぱいこもってるからね。


f0095047_9593153.jpgサンタママ、サンタパパ、チョニ(サンタ家の次女)
も火葬に参加。グーの時と同じメンバーだ。

サンタママはこの日学校のお手伝いを
キャンセルして駆けつけてくれた。
本当にありがとう。心強いよ。

どうしても来る事の出来なかったモニ
(サンタ家の長女)が書いてくれた絵。

←クリックで拡大

f0095047_1002067.jpgそろそろ出発。。。と、ここでトラブル発生。

あれだけ気をつけていた棺桶の底だが
やはり水分で(冷気で?)しなっている。
グーの棺桶ほどヘナヘナではないものの
部分的に釘が抜けてしまっている。
これでは持てない。

急遽ガムテで補修。

あ、ダメ。
斜めにするとまたプチホラーが。。。(笑)

f0095047_1054599.jpg予定より10分遅れで出発。

雨の中2Fから下ろすのは大変な重労働。
サンタパパが来てくれて本当に助かった。


f0095047_1061347.jpg火葬場に10分遅れで到着。

ちなみにこの火葬場は人間の火葬も行っており
(というか人間用の火葬場にペット用の釜がある)
グーの時には棺桶の周りに写真やら絵やらペタペタ貼りまくって
ド派手になりすぎて周りの視線が少々気になったので
今回はお棺の外側はシンプルなままにした。


最後のお別れ。


そしてピコはグーさんと同じ釜の中に消えて行った。





戻ってきたピコはほんのりピンク色。
ポイコの赤いTシャツで色がついたみたい。
とても可愛いお骨です。

火葬場の方が「思ったより頭が小さいですね」と言うので
「そうなんです、小顔の美人ちゃんなんです」と答えました。(笑)

グーの時はお天気もよかったし、
埋骨も散骨も全て火葬当日に行いました。
しかしこの日は雨。
埋骨と散骨には絶対参加すると言ってくれてる友人のためにも
しばらく骨壺でお家にステイする事にしました。


f0095047_10853.jpg←クリックで拡大

骨壺はリビングにあるグーの祭壇?仏壇?
の横に置こうかとも思いましたが、
やはりお庭が良く見える、陽当たりの良い、
そしてキッチンからすぐに話しかけられる
ダイニングの出窓に置く事にしました。

しばらくここで過ごしてから埋骨、散骨です。
またカロートペンダントか何か探さなきゃ。



以上、自分の頭の中の整理、記録も兼ねてまとめてみました。
大変長いご報告となってしまいました。
おつきあい頂きありがとうございました。

- - - - - - -

供血してくださった11頭のワンちゃん、その飼い主様。
供血を申し出てくださった沢山の皆様。
メールやコメントで応援してくださった皆様。
応援グッズを送ってくださった皆様。
一生懸命治療してくださったT病院の皆様。
お花を送ってくださった皆様。
お参りに来てくださった皆様。
友人達、両親、そしてY。

本当にありがとうございました。




最後に。

死んだ犬の顔の画像(しかもどアップ)なんて載せていいものか?
とても悩みました。
でも私にはこの画像が天使のお顔にしか見えません。



かわいいかわいいピコ。
大事な大事なピコ。



彼女の最期のお顔、不愉快に感じない方のみどうぞご覧ください。






f0095047_1092370.jpg

←クリックで拡大





ピコ。
ばいばい。
[PR]
by goopicot | 2010-10-13 12:25 | 犬/思い出





<< 涙      10/6〜10/7 >>