2006年 08月 23日
ゴックン法

f0095047_22185873.jpg朝一でお見舞い(オヤツの詰め合わせ)が届いた。P家のワンズとピコは訓練士が一緒。ピコが変形脊椎症と診断されるまでやっていた(なんて、ちょっとかじった程度だけど)アジリティーでもご一緒させて頂いた。もっとも本格的に取り組むペロッズのワンズと違って、ピコは初心者でレッスン日も違ったんだけど。(^^; ピーチ、ケイティ、ジャイアン!、ステキなプレゼントをありがとう!!!


f0095047_22302251.jpg実は数日前にも北海道の英国ゴールデン、百合ちゃん&夢う太君(むうたん)のママからステキなお届け物とお心のこもったお手紙を頂いた。むうたんはグーと同い年の男の子。百合ちゃんはむうたんのママで、今年の1月20日(グーの誕生日)に虹の橋を渡ってしまった。その昔、まだグーがウチに来たばっかりの頃、私は英国ゴールデンについてむうたんママに色々と教えて頂いた。むうたんママが東京にいらっしゃった時にグーを可愛がって頂いた事もある。むうたんママ、ありがとう!!!


f0095047_2314690.jpgお散歩行ってらっしゃ〜い! 


f0095047_23173145.jpg(10分後・・・)お帰りなさ〜い! (早っ!)


f0095047_23183856.jpgアンヨふきふき。


f0095047_2315776.jpg朝ごはんの準備。


f0095047_2316771.jpgこの位の大きさが一番ゴックンさせやすい。


f0095047_23214438.jpg食べますか?やっぱ食べませんね。さぁ、今日も張り切ってゴックンしましょう。


f0095047_23211518.jpgグーママ式ゴックン法。まず左手で上あごをおさえます。右手の親指と人差し指でお肉をつまみながら、小指を口の間に入れます。


f0095047_23242966.jpg小指であごを下に押します。


f0095047_2327556.jpg小指はそのままで、親指と人差し指でお肉を喉の奥に入れます・・・いや、「入れる」とか「置く」といった感覚よりも「喉の筒にブッ刺す」感じ。(笑)躊躇せずに思いっきりブスッとやってしまった方が、結果的に本人は楽そうです。


f0095047_23363613.jpgソッポ向かれても気にしないで、あまり時間を長引かせないようにどんどん「ブッ刺して」いきましょう。


f0095047_2340335.jpg背後から残り物を狙う視線を感じても、無視して続けましょう。


f0095047_23415378.jpg途中でキスするのをお忘れなく。


f0095047_23425388.jpgお水が欲しいか時々チェックしましょう。


f0095047_23443031.jpgこんな顔をしたらウケてあげましょう。


f0095047_23464747.jpgブッ刺しにくい物(野菜くずなど)は手ですくって喉の奥に入れますが、口から出す可能性が高いので下にタオルを敷いてトライしましょう。


f0095047_23491224.jpg最後に褒めておしまいです。ちなみにグーのゴックン時間は最高5分、それ以上はかけません。


今日はグーの車椅子が来たり獣医に行ったりと大忙し。
でもこうやってタイプしながらでも寝てしまいそうなので(^^;
続きはまた・・・。
[PR]
by goopicot | 2006-08-23 21:57





<< カート      おだやかな日 >>