2006年 09月 04日
ウ●チ
朝ごはんをゴックンさせている時
急にシッポがピーンと伸びてプルプル震えた。
オムツの中を覗いたらウ●チだった。

洗濯物を干すついでに
グーをベランダに出す事にした。
お尻を持って立ち上がらせたら
前足をドタバタ動かしながらベランダトイレに向かった。
トイレの数歩前で立ち止まったかと思うと
中腰(ほとんど膝歩き)で移動している私の目の前で
肛門がぶよ〜んと開いてウ●チがうにょぉ〜っと出てきた。
ちょっとビビッた。(笑)

洗濯物を干し終わってグーを見たら
寝そべった状態でまた大量のウ●チをしていた。

3回のウ●チでお腹がペッタンコになった。

今日のグーの呼吸は昨日・一昨日に比べると随分と楽そう。
ウ●チと呼吸の関係は良くわからないが
ただでさえ腫瘍に圧迫されている腸から
大量のウ●チが排出されたのがイイ意味で影響したんだと思う。

一方、今日はあまり水を飲んでいないせいか
オ●ッコの量がかなり少ない。
(カテーテルのおかげでオ●ッコの量は完璧に把握できる)
明朝まで様子見て、必要なら点滴してもらおう。


f0095047_035326.jpg酸素吸入器には大分慣れた様子。やっぱりチョットは楽と感じるのだろうか。この酸素吸入器、本来は専用の酸素ケージと一緒に使うらしいが、酸素ケージは中型犬サイズまでしか存在しないので、大型犬はこうやってマスクみたいのを顔に近づけて吸わせるしかない。ケージに入るのと比べると効果は弱まるようだが、やらないよりはマシだろう。ダイヤルが「通常使用」と「高濃度」の2段階あって、ケージ使用時は「通常使用」、マスクの時は「高濃度」に合わせるらしいが、「高濃度」だと出てくる風が弱すぎて(酸素が圧縮されて出てくるから)かえって息苦しいのか、すぐに顔を背けてしまう。試しに「通常使用」(普通の空気も一緒に出てくるから濃度は弱まるけど出てくる風は強い)に合わせてみたら、なんだかそっちの方が調子良さそう。


ただ、グーが顔を動かすたびにマスクを持って追いかけるのが実に面倒くさい。
Eカラーで「酸素ヘルメット」みたいの作ろうかと思って(笑)
先日獣医で特大Eカラーを買ったが
どうもゴツゴツしちゃって調子が悪い。
だったらウチにあるケージをビニールで覆って
酸素ケージを自作しようかとも思ったが
下半身麻痺のグーをケージの狭い扉から
入れたり出したりするのはかなり無理がある。
うむぅ・・・仕方ない、しばらく追いかけよう。


f0095047_0555328.jpg矢印の先が私の寝床。
ウ●チのおかげで今日は寝られるかも。


[PR]
by goopicot | 2006-09-04 23:50





<< グーの心      グーの望むこと >>