2006年 09月 20日
生命

f0095047_2120524.jpg友人が差し入れを持ってお見舞いに来てくれました。話し相手になってもらってとても有り難かったです。


流動食をあげるのをやめました。いくらあげても吐いてしまうから。もっとも、たとえ流動食を与えなくても吐き気がおさまるわけではないので、だったらあげ続けようかとも思いましたが、少しでも嫌な事はもうやりたくありません。お腹の中にはもう何も残ってないはずなのに、吐く拍子に少しウ●チが出てきます。


f0095047_21341576.jpg←こんな目でこんな呼吸をされたら(昨日の輸血がきいたのか、これでも今日はかなり穏やかな方です)もう「早く!これ以上苦しまないうちに!」と思うしかありません。かといって、ちょっと呼吸が聞こえなく(穏やかに)なると「ダメッ!まだもう少しだけ!」と駆け寄っては心臓が動いているのを確認して安心している自分がいます。


私だけがツライわけでも、
私が一番ツライわけでもありません。
毎日そう自分に言い聞かせています。

私はグーを見送るまでは泣きません。
それだけは心に決めたから。
泣くのは後からいつでもできるから、
グーは絶対に!笑顔で送ってやります。

こんな時、ピコの存在が有り難いです。
無邪気にオモチャをピーピー鳴らしています。
「死」と向き合っている今、
すぐ横で「生命」を感じる事にどれだけ救われるか・・・
多頭飼いで良かった、と心から思います。


[PR]
by goopicot | 2006-09-20 22:19





<< 帰天      輸血 >>