2006年 09月 25日
火葬&納骨
+++++++++++++++++++++++++++
9/23


f0095047_1611286.jpg朝1で姉の子供達が「いとこ」にお別れにやってきました。


f0095047_165273.jpgお庭のさるすべりのお花を入れて、大好きだったオヤツをもたせて、旅立ちの準備が整いました。アイスノンでへたれてきた重いダンボールをみんなで車まで担いでいきました。


火葬場へはサンタ家が来てくれました。
グーの事を誰よりも可愛がってくれていたサンタ家の娘達。
サンタママはこの日の朝までグーの事を娘達に切り出せなかったそうで
ギリギリまで悩んでいましたが、結局お別れに来る事になりました。

火葬場までの途中でネズミ取りをやっていました。
実は数日前、ダンナが獣医に向かう途中に
同じ場所で19キロオーバーでキップ切られました。
この日は火葬場で現地集合の約束だったのですが、
途中でサンタ家の車と出くわしてたまたまウチの車が先導していたため
ノロノロ運転で捕まらずに済みました。
きっとグーさんが気をきかせてくれたんだね。

グーの火葬は某火葬場で行われました。
大昔からある火葬場なのでちょっとすたれた雰囲気ではありますが
人間と同じ扱いで、お値段もお高くなく(グーは2万6千円)、
なんといってもウチから近いのでそこに決めました。
到着すると男性3名&女性1名がお出迎えしてくれました。
そして最後のお別れをし、グーのおカンが中に消えていきました。

「本当に焼くだけです」と聞いていたのですが、
お焼香があったり、一応待合室みたいのが用意されていてお茶が出されたり、
あまり人間と変わらない感じでした。
実際途中で団体さんがゾロゾロと入ってきたのですが、
グーのおカンはとってもハデだったので
隣で人間の火葬やってたらちょっとひんしゅくだったかも・・・
重ならないで良かったです。

お骨になってしまったグーさん。
これが頭蓋骨です、これが歯です、肋です・・・と説明を受けました。
やっぱりガンだと骨が結構小さくくだけちゃうのかな、と思ったら
担当の男性が「ラブは他の犬種に比べて弱くてくだけちゃうんですよねー」と。
そっか・・・ラブだと思ったのか・・・そりゃそうだな。
一応「ゴールデンです」と訂正しておきました。(笑)

その後、スーパーで買い出しをして
家で「精進落としもどき」をしました。
そして柴犬のウッフィーの埋まっている「ウッフィーいますツリー」の下に
大きなお骨を埋めました。

f0095047_16505497.jpg



細かいお骨は「グー散骨隊」の人数分に分けました。
そして海に行き、それぞれが好きな場所で、それぞれの思いを込めて散骨しました。

グーと通った海。
グーの大好きだった海。
もうグーの泳ぐ姿は見られない。
でもこの日の、この空を見ていたら、
なんだか天国に昇って行くグーさんの姿が見えた気がしました。


f0095047_1794036.jpg



f0095047_1795883.jpg



f0095047_171461.jpgダンナのカロートペンダントと私のカロートブレスレット。
海や温泉にも入れるチタン製にしました。


f0095047_17133464.jpgたくさんのお花や・・・


f0095047_17164795.jpg心のこもったカードに囲まれて。



グーさん、天国で笑ってるかな。
[PR]
by goopicot | 2006-09-25 17:19





<< 初日      その後 >>