2006年 10月 09日
犬を飼うということ
f0095047_062541.jpgそろそろお花がきれる頃でしょう・・・とお花を頂いた。
お心遣いがとても嬉しかった。


穏やかに過ごせる日もある。
でも、悲しくて悲しくてどうしようもない日もある。
人前でメソメソするのはあまり好きではないので
かえって人と接している時の方が元気だったりする。
それともカラ元気なのかな?


f0095047_0223968.jpg亡くなる半年前のグーさん。
いつもベランダでこうやって寝ていた。
振り向くと、いつもそこにいた。
それが当たり前だった。

でも、実は全然当たり前じゃなかった。


昨日の日テレの広島どっぐぱーくの特集で
コメンテーターが言っていた。
「犬を飼うということは、そのコの死までを請け負うことだ」

短命フラットを飼っている以上
私は数年中に同じ体験をする事になるのだろう。
(介護があるかは別問題だが)
今、ピがここにいるのを「当たり前」と思ってはいけない。
愛して、愛して、愛しまくって、そしてその時が来たら
私がしっかりグーの元に送ってあげなくてはいけない。

グーさん。
ずっと見ててね。

餓死させられたあげくゴミのように埋められた広島のワン達。
さぞかし無念だっただろう。
でも(変な言い方だが)もう苦しむ事はない。
今まで辛かった分も天国で幸せに暮らして欲しい。
[PR]
by goopicot | 2006-10-09 23:56 | 犬/一般





<< 性同一性障害      連休 >>