2006年 11月 03日
待合室
グーさんが死んでから初めての獣医。
ほんの1ヶ月チョイぶりなんだけど
なんせ連日通ってたからとっても久しぶりな感じ。

こんにちはー、と笑顔で入っていった。
お久しぶりですー、と看護士さん。
使わなかった点滴、使用済みの注射針などを返却。
順番が来るまで待合室で待っていた。

なぜか涙がポロポロこぼれてきた。
予想外の展開に自分でもビックリ。

今まで獣医では一度も泣いた事がなかった。
ガンを宣告された時だってもちろんショックは受けたし
車に戻って友人に電話してギャーギャー泣き叫びはしたが
病院で涙をこぼす事はなかった。

とにかくみっともないので慌てて拭いて
診察室へは笑顔で入っていった。

これからもグーに縁のある場所に行っては涙を流す事があるのだろう。
そんな時は「今グーさんの魂が遊びに来ている」と思う事にしよう。
[PR]
by goopicot | 2006-11-03 23:05 | 犬/思い出





<< ミュージカル      ヘンなお礼 >>