2006年 11月 13日
消えたピコ
このところダンナのWindowsで臨時のお仕事と格闘している。
(今ちょっと休憩中)
ラップトップに慣れてしまうと同じ場所にいるのが苦痛。

先日ダンナを迎えに行った後、夜中の1時頃
ピコが行方不明になる大騒動があった。
門でリードを外した途端ダッシュで庭へ・・・
これはよくあることなのだが、見渡してもどこにもいない。
まさかテラス脇から崖の方に行ってしまったとか?
そんな事今まで一度もなかったのに。

グーは我を失ってネコちゃんを追いかけてるうちに
どっか遠くに行っちゃって途方にくれるタイプ。
(実際そんな事は一度もありませんでしたが)
一方ピコは普段のハイパー度はグーよりはるかに高いけど
勝手にどこかに行ってしまうタイプではない。
家や人間にひっついているのが大好き(ちょっとネコっぽい)。
そんなピが勝手に外に行ってしまった・・・?
いやいや、見てたけど絶対に門からは出ていないはず。

ピー!
ピコーッ!
探すとこ20分、家の裏の草むらを覗き込むと
オレンジのライトがピカピカ・・・
いたっ!

・・・あれ?
ひょっとして動いてない?

「ピがいたーー!!でも動いてないーーー!!」
「俺助けに行くからライト持ってきてーーー!!!」

草むらは階段みたいにはなってるけど
結構段差があるしあたりは真っ暗だし
木の枝とかもいっぱいあるから踏み外すと危険。
超パニックのダンナと私。


・・・
・・・

結論からすると、ピコはちょこんとお座りをして
我々のレスキューを待っておりました。
段差も普段のピコなら余裕で飛び越えてしまうのでしょうが
(実際ダンナが近づいて「ほら、あがって」と言ったら
すぐピョンピョン戻ってきました)
まさかそんな所に段差があるとは思わず
びっくりしてそのままフリーズ、といったところでしょうか。

その後脚やお腹を細かくチェック。
どこもなんともありませんでした。
ふぅ・・・。

名前叫びながら何度も横通ったのに・・・
ピコさん、うんともすんとも言ってくれませんでした。
普段は吠えなくていいから
こんな時こそ吠えて欲しいものです。

ピカピカ首輪に感謝。
[PR]
by goopicot | 2006-11-13 17:24 | 犬/一般





<< 夫と妻      亭主元気で留守がいい・・・のだが >>