2007年 01月 24日
モニチョニ
三太ママの娘、モニチョニ。
モニが長女、チョニが次女。
右側の絵を描いてくれた子供達。(チョニ=ソニ)
友人の子供達というよりは、もはや家族同然。
私の事もファーストネームで呼び捨てだし。

昨日の三太ママとの会話。

「チョニがよく学校の帰りにグー連れて帰ってくんだよねー。」

チョニいわく、グーが帰り道に待っているそうな。
で、チョニの肩に乗っかるらしい。
で、チョニ的にはそれが重くて仕方ないらしい。

「だってママ、ほら、今だってグーのニオイするでしょー?」
「んもうー、グーさん、重いよー♪」

としょっちゅうマジ顔で言ってるらしい。

チョニは嘘をついているのだろうか?
それとも気がおかしくなったのだろうか?

私はそうは思わない。

チョニは昔から不思議な子供だった。
決してヘン、という意味ではない。
ただ一般の子供とはちょっと視点が違うというか、
全然俗っぽくないというか、
感受性がとても豊かで驚くほど純粋な子供なのだ。

あれだけグーを心配してくれたモニチョニ。
あんなにグーのために涙を流してくれたモニチョニに
グーがひょっこり会いに行っていても全く不思議ではない。
そして、それをチョニの敏感なレーダーがキャッチしていても
それはある意味とても自然なような気がする。

多分グーはしょっちゅうウチにも戻って来てるんだと思う。
大人になって感受性の鈍ってしまった、
私の濁ったレーダーがそれをキャッチしてないだけで。

大人の教祖サマの言う事なんて信じない。
でも子供のこういうのは信じます。

そっか。
グーさん元気でよかった。
[PR]
by goopicot | 2007-01-24 23:58 | 犬/思い出





<< Dog Whisperer      shibu shibu >>