2007年 03月 06日
耳のうがい
咳で一番イヤな事。
肋骨あたりが筋肉痛になるのもそうだけど、やっぱ吐くのが一番イヤだなぁ。
(喉が刺激されるとすぐオエッとなってしまう)

ある友人が以前教えてくれた「耳のうがい」。
hydrogen peroxide(過酸化水素水)を3%に薄めたもの、
つまりオキシドールを数滴スポイトで耳の中に入れるのだ。

人は鼻や口からだけじゃなく、耳からも風邪に感染する。
だから口(うがい)だけじゃなく、耳からも風邪の菌を退治する、という考え。
home remedyとしてヨーロッパでよく行われているらしいけど、初耳。

確かに鼻と口と耳はつながっている。
それに喉が腫れてる時はなんとなく耳の奥も熱っぽく痛痒い気がする。

本当は風邪の症状が現れてから12時間以内に「予防」として行うのが効果的らしい。
ちょっと今更だけど、試さないよりはマシだろう。

早速グーグルしてみた。
関連記事がほとんど出てこない。(せいぜい耳垢の除去くらい)
ところが英語でグーグルしたらこういう記事が山ほど出てきた。
期待に胸が膨らむ。

f0095047_1150559.jpgまず左耳を下にして横たわり、右の耳に入れてみた。冷たくてとても気持ちがいい。すぐに「シュワシュワッ、ゴボゴボッ」とうがいが始まった。いかにも「殺菌してまっせー!」って感じの音。(笑)そのまま15分ほど放置。ティッシュと綿棒で拭き取ろうとしたら、中の液体が熱〜くなっていた。


続いて反対の耳も。
その間、関連記事に目を通していたら
「鼻の中へ・・・」という記事もいっぱい出てきた。
早速スポイトで鼻の中に一滴垂らしてみた。
そのまま「ツーーーーッ」と喉に直撃。

イテーーーーーッ!!!(>_<)

これはいかん、と綿棒にひたして鼻の奥をコチョコチョ殺菌する事にした。

ファ・・・ファ・・・ファアアアアーーーックショーーーン!!!

そりゃ、そうなるわな。
アホすぎ。(≧∇≦)

今回は「手遅れの状態」で試したのでなんとも言えないが、
確かに喉の腫れや咳が少しおさまった気がする。
次回は是非12時間以内に試してみよう。
[PR]
by goopicot | 2007-03-06 12:36 | 日々の出来事





<< 引き続き、咳      ネギのバカ食い >>