2007年 04月 18日
たかがしらすでこんなにひきずるのもなんですが
「おっ、しらすだ。珍しいなー。うん、うまいうまい。」

「・・・えっ?ひょっとして好物とか?」

「うん、うまいじゃん。△△(私の名前)どうせ怖いとか言って食べないんだろ。
オレが全部食べるよ。いやー、うまい。残りは明日大根おろしと食いたいなぁ。」

「・・・ま、まさか生なんて買ってきたら食べる?」

「もちろん。買ってきてよ。」


ヒエーーーーー\(◎o◎)/!!!



「ちょっと待ってよ。だってお肉とかだって私は生肉大好きだけど
アナタはちょっとでもレアっぽいと嫌がるじゃん。」

「しらすは肉じゃないじゃん。オレ、魚は生好きじゃん。」


ダンナの事を知り尽くしたつもりでいた私。
でも・・・そっかー。
そうだったんだー。

今までダンナの嫌いなものと同時に
自分の嫌いなものも無意識に食卓から遠ざけていた、という
衝撃的な新事実が16年目(交際期間含む)にして明らかになった。

あー驚いた。

で、昨夜の私の夕食。
昼間のリベンジを果たすべく、まずは気合いを入れて・・・
目をつぶって・・・パクッとスプーン1杯・・・


・・・


・・・


どうしても噛めない。(T^T)
困り果てた挙げ句、水と一緒に飲み込んだ。


(ごっくん)・・・よし、やった! o(>▽<)o 


・・・


・・・


やった?
ハテ、これは「食べた」と言うのだろうか。 (‥?


こんな事ではいけない。
私には応援頂いた方々にキチンと報告する、
しっかり噛んで味を確かめる義務がある!

よし、もう1杯。
今度はゴハンと一緒に・・・

「オイッ、食べるなよ」「おいっ、オマエッ、何するんだ!」
「オイッ・・・」「ヤメロッ・・・」「やめろってば・・・」


うぉぉぉぉぉーーーー、シャラーーーーーッップ!!! <(`^´)>


(カプッ・・・もぐもぐ・・・ごっくん)・・・今度こそやった! v(≧∇≦)v



f0095047_15453223.jpg

あぁ、そうだ。
しらすとはこんな味だった。

ほどよい塩分。
ほのかな磯の香り。
フワフワの食感。

なんだか生命を感じる。


f0095047_154622.jpg

お味はとっても良いと思います。

でも・・・

やっぱもういいや。
ダンナとピコにあげる。


しらすの呪縛から解き放たれる日は来るのでしょうか。(^◇^;)
[PR]
by goopicot | 2007-04-18 15:52 | 食べ物





<< 献血の条件      決戦の日 >>