2007年 04月 27日
真夜中の電話
今週末から9日間、ジャックラッセルの三太を預かる事になった。
(返す保証はないという条件つき、笑)
その件で三太ママと話していたらキャッチが入ってきた。

「もしもし?」
「はい、もしもし?」
「夜分遅くに大変申し訳ありません。山本と申します。」

とても丁寧な口調。

「奥様でいらっしゃいますか?」
「はい。」
「あっ・・・奥様でいらっしゃいますか。」
「はい。」

時計を見たら0:30。
(普段この時間帯に電話してくるのは親しい友人のみ)

「いや・・・あの・・・」
「はい?」
「あの・・・ですね・・・」
「はい?」

奥様のパンティーとブラジャー頂けませんか?




(5秒沈黙)
 ↑突拍子もないリクエストのため状況を把握するまで時間がかかる。



あげませんよ。バーカ!

(ガチャン)


相手があまりにも丁寧だったので
ついついつられて丁寧に答えてしまった。(爆)
慌てて「バーカ!」を付け足したものの
こんなヤツには「やらねーよ!」で十分だった。
くやしい。(笑)




===その後===

たった今(1:45a.m.)また同じヤツから電話があった。
今回は前回と違って丁寧じゃない。
ボソボソ声でいきなり同じリクエスト。

さすがにムカついた。


あんた、さっきと同じヒトでしょ。いい加減にしないと警察に電話するよ!


(ガチャン)


次かかってきたら声録音してやろう。



===その後===

1:58a.m.、またしても非通知で電話が鳴る。
絶対アイツだ。
大急ぎでダンナを起こす。
(起こされて不機嫌、でも仕方ない)

とりあえず私が出たら、またモゴモゴ言ってる。
懲りないヤツ。
ダンナに電話を渡す。

おいアンタ、一体なに考えてんの?


(ガチャン)

今回はさすがに相手から切ったらしい。(笑)



というわけで、明日からウチは非通知着信拒否設定にいたします。
みなさまどうぞよろしく。
[PR]
by goopicot | 2007-04-27 01:01 | 日々の出来事





<< 夢      冷たい日本人 >>