2007年 08月 24日
小型犬
ぶっちゃけ、私は今まで大型犬びいきの人間だったと思う。
というか小型犬に対してあまり良いイメージを持っていなかった。

わがまま。
噛みつく。
キャンキャン吠える。
落ち着きが無い。

そんなワンコばかりじゃないと頭では分かっていても
実際に周りの小型犬と接しているうちに
どんどんネガティブなイメージばかりが先行していた。

小型犬の飼い主とはなかなか分かり合えない部分も多いのだろう、
と心の中でバリアさえ張っていた気がする。

三太に会って自分がいかに偏見の固まりだったか痛感した。

転勤先の大自然の中で育ったせいかもしれない。
或いは生まれ持った性質かもしれない。
でも一番の理由はやはり「飼い主」だと思う。

三太ママは三太に特別な訓練を何もしていない。
特にお金をかけているわけでもない。
愛情をたっぷり注いで、悪い事をしたら適切に叱って、
最低1時間、余裕のある時は2時間(←見習わなければいけない)散歩しているだけである。


f0095047_15251445.jpg三太は自分を小型犬だと思っていない。多分それは周りの誰一人として三太を小型犬として扱っていないからだと思う。

ピコと三太の遊びがエスカレートすると三太ママは三太をケージに入れる。モニチョニ(娘達)はピコをかばう。三太家には「三太、小さいのに可哀想」という発想がどこにもない。

三太にはちゃんとボスがいる。だから三太は落ち着いている。


f0095047_15252312.jpg確かに小型犬は大型犬のように「訓練」が必要不可欠なわけではない。いざとなったらヒョイと抱きかかえればいいわけだから。これって大型犬の飼い主からすると考えられないほど楽な解決策。(実際私も今回何度かやってしまった・・・クセになりそう、笑)
でもそれがいけないんだと思う。悪い事して抱っこなんて本来あり得ないわけで。キチンと突き放さなければいけないわけで。そこで甘やかす事が本人にとって一番可愛そうな事だと気づかなければいけないわけで。

この写真を思い出す。(上から3枚目)

やりたい放題の犬は不幸。躾されている犬は幸せ。
私はそう思う。


f0095047_1525642.jpgジャックまったりテリア、三太。
本当に幸せなワンコです。

約1ヶ月のホームステイも明日まで。

このまま欲しいです、はっきり言って。
でも返します、大人だから。(笑)




最近なぁなぁになりつつあるピコの躾。締め直さなきゃ・・・と鼻息が荒くなる<(`^´)>
[PR]
by goopicot | 2007-08-24 15:40 | 犬/一般





<< やっぱり家族が好き!      保育園な午後 >>