2007年 12月 16日
大出血
調子のすぐれない土曜日。
前日からピコの鼻の上が腫れていたので
獣医に連れて行った。

細胞診の結果、腫れた部分の中身はほとんど血液だそう。
アレルギーの一種か、或いはどこかに鼻をぶつけて内出血したか。
(ピコの普段の行動からすると後者の線も非常に強い)
抗生剤、消炎剤、弱めのステロイドを処方された。

そして今朝。

注)以降、画像がちょっとエグイです。




f0095047_14471234.jpgうわっ!
わわわわわーーーーー!

カバーから飛び出した布団が血だらけ!!!
一体なにごとーーーー????


f0095047_14472419.jpgぎゃーーーーーーー!!!
ピ、ピコの鼻からーーーーー!!!
ち、血が噴き出してるーーーーーー!!!

速攻で獣医に電話。
とりあえず患部を押さえて止血して
すぐに連れてきてくださいとの事。


f0095047_14473622.jpgあぅっ・・・(T△T) 
あぅぅぅぅぅぅぅぅ・・・(T^T)

スーッと長い自慢のお鼻が・・・
これじゃオウムだ。

とにかく止血。


f0095047_14474666.jpg止血完了。
細胞診の針の穴が引き金となって
中身が吹き出してきたのか。
それとも痒くてスリスリしてしまったのか。

痛いの?
痒いの?
あー言葉が通じないのがもどかしい。


レントゲン撮ったりナントカテストしたり、色々検査したものの異常ナシ。
ナントカ水を塗布して、多少量を増やされてしまったステロイドと抗生剤を飲ませて
様子を見てくださいだって。

あーおどろいた。
[PR]
by goopicot | 2007-12-16 14:57 | 犬/健康





<< 健康バイオリズム上昇中      衰弱中 >>