<   2006年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧



2006年 09月 29日
レスキュー
グーの首輪、クッション、ケージ、タオル、
数回しか使ってない歩行補助ハーネスや抱っこひも、などなど・・・
もう使わないものがいっぱい。
なんだか見ててツライ。

ピコに使えるものもあるけどピコにはピコ用があるし、
まだ生きてるうちに処分すればよかったんだろうけど
忙しくてそんなとこまで頭がまわらなかったし。
いつかまた飼うか分からない犬のために取っとくのもなぁ。

首輪なんて思い出に1つとっとけば十分。
ケージもバリケンもピコ用にソフトバリケン1つあれば十分。
でも捨てられない。

死んだ犬の物欲しい人なんているかなぁ・・・
と友人に相談していた。

そんな時に飛び込んできた、この悲しいニュース。
地獄のような現地の状況にショックを受けるも、
私は真っ先に思ってしまった。

グーさんが天国(じゃなくて今は肩の上、笑)から私を助けてくれてる・・・

また迷いが消えた。
グーのものは全て支援物資にまわす事にした。
グーの物が少しでも役に立てば、
それで命が救われて元気に里子にもらわれてくコが出れば
里子出身のグーもさぞかし喜ぶだろう。

未使用のEカラー&点滴チューブ&針&サプリなんてもあったが
獣医からセコく返金してもらうより(笑)使ってもらった方がずっといい。
でもそんなものはリストに載ってなかったので電話で問い合わせ。
一睡もしてないような声の女性が早口で
「今後必要になるかもしれないので送ってください」と。

数年前、8頭(パピー2成犬6)のノラの群れに遭遇した。
サイトを立ち上げ、募金を募り、一時預かりを探し、会計報告をし、
「なんで一般飼い主の私がこんな事やってんの?」と思いながらも(笑)
トラックの下で人目と日光を避けながら
パピーにおっぱいを飲ませる母犬の姿を見たら
ほっとくにほっとけずに半年間餌付けして全頭捕獲した。
犬の搬送中に後部座席から後頭部にカプッと噛みつかれて
頭から出血して横浜ベイブリッジの上で緊急停車したり(笑)、
シートベルトをボロボロに噛みちぎられたり、
預かり先から逃げ出した犬を捕まえるために探偵のように夜中じゅう見張っては
その家の人にちょっと頭のおかしい人扱いされたり(笑)、
今となっては全て笑い話だけど当時はかなり必死だった。

レスキューをライフワークにしている人達との温度差に悩まされ
結局それが私の最初で最後のレスキュー体験となったのだが、
何はともあれ犬には全く罪がないわけで、
今後も自分なりの形でレスキュー活動を応援していきたいと思っている。

人間が犬を捨てるからノラになる。
それも許せないけど、今回のような営利目的は言語道断。

悪いのは全て人間です。
そしてレスキュー団体の人達は我々となんら変わりのない一般愛犬家。
私も当時周りの人達にいっぱい助けてもらいました。
皆さん、無理のない範囲で応援してあげましょう!

f0095047_1423410.gif


しかし、こりゃすごい宅急便になりそうだ。(^^;
[PR]
by goopicot | 2006-09-29 14:07



2006年 09月 28日
1週間
グーが死んで今日で1週間。
仕事も復活、普通の生活に戻った。

どうもグーが「単にお出かけしてる」って気がしてならない。
「グーさん」と呼んだらシッポぶんぶん振ってすっ飛んでくるような。

両肩がドシーンと重い。
単に肩が凝っているのか。
友人は「グーが遊びに来て乗っかってるんだよ」と言う。
ほんと、そんな感じ。

重いよ、グーさん。
どうせなら姿見せてよ。
グーの肉球嗅ぎたいよ。

あーあ、である。

酸素吸引機が撤去された。
引き取りに来たオジさんがピコの吠え声聞いて
「あれ?ワンちゃん元気になったんですか?」と尋ねてきた。
この「あれ?」ってのが面白いというかなんというか。
彼らにとっては「撤去=死」なんだろうな。

「いえ、亡くなりました・・・あれはもう一頭です・・・」
「で、コレどうでした?」

・・・

ちょっとあーた、どうでしたじゃありませんよ。
ペットビジネスに関わってる以上
嘘でもいいから「それは残念でした」くらい言いましょうよ。
研修やり直しです!

・・・って、オジさんにあたってどうする。(笑)
彼は彼なりに会社に報告するために一生懸命お仕事してるんだもんねぇ。
でも、ちょっと顔引きつりました。(^^;


f0095047_18413410.jpgお花はオアシスから移し替えました。
グーさん、お花畑にいるみたい。


f0095047_18442284.jpgこちらのお方はお元気です。
ありがたいです。


[PR]
by goopicot | 2006-09-28 18:51



2006年 09月 27日
furry angel
なんだかナルシストっぽいイメージついたら嫌だから(笑)
黙ってようと思いましたが、思いもよらずDMで
沢山のお問い合わせを頂いたのでバラしてしまいます。
さすが犬キチの皆さま、細かいところまで見て(聞いて)てくださったんですね。

昔から感情が高ぶると曲を作るクセがあります。
幼稚園の「うさちゃんのうた」から始まって
2年生のドラえもんの歌、日本が恋しかった時の歌、
卒業の歌、恋の歌(笑)、友人の結婚式の歌、など数百曲・・・
昨年Macという玩具を手に入れてからは
以前に比べて多少はレベルアップしましたが
それでもまだまだプロの方にお叱りを受けそうな恥ずかしい出来ですが、
別に販売するわけじゃないし、要は気持ちでしょ!
ということで公開してしまいました。(^^;

グーさんの看病が始まってから
点滴を見張っている間、心配で寝られなかった時、
そんな時間を使ってピアノ、ベース、ドラム、なんたらかんたら・・・
ノロノロかめさん、2ヶ月半でようやく仕上がりました。
いや、実は仕上がってはいないのですが
キーボードがぶっ壊れたので途中で打ち切りです。

FURRY ANGEL...
フワフワの天使がある日ウチにやってきました。
そして、あっという間にお空に戻っていってしまいました。

歌なんて不謹慎、と思われるかもしれませんが
これが私なりの追悼、グーに対する気持ちです。

・・・というわけでお問い合わせ頂いた方、
耳障りな部分をお許し頂ければ、
住所をDMしてくださればもちろん差し上げます。
「やさしい歌」と言って頂いて本当に嬉しかったです。

あー、はずかし。(^^;
[PR]
by goopicot | 2006-09-27 20:10



2006年 09月 26日
6年間
グーと過ごした6年間。
グーへの思い。
感謝の気持ち。

言葉ではいいつくせないからビデオにまとめました。

もっとちゃんと完成させたかったけど
あれもこれもぶっ壊れたのでここまで。

お時間のある方、お風呂でも入りながら
ゆっくりのんびりDLして頂ければ。
(22.5MB、ADSLで10分弱)

FURRY ANGEL

天国に届くかな。


p.s. ↑は、やっぱ重すぎたようです。
クオリティー下がるけど
↓こちらからどうぞ。

FURRY ANGEL



[PR]
by goopicot | 2006-09-26 17:01



2006年 09月 25日
初日
++++++++++++++++++++++
9/24

3人家族に戻って初めて迎えた朝。
何かが足りない。
どうしても目が白い姿を探してしまう。

f0095047_1813127.jpgグー用に設置したトイレを撤去。
ベランダの板を元に戻して徹底的に掃除した。


f0095047_1894888.jpgピコはベランダが広くなって大喜び。ふがふが駆け回るその姿を見て、何故か泣けてくる。


f0095047_18172274.jpg掃除を終えてふと見下ろすと「ウッフィーいますツリー」が目に飛び込んできた。この「ウッフィーいますツリー」、名前変えるにも「グー」をどこに盛り込んだらいいのだろう?ピコが増えたら?三太ママは三太もここに埋めるとか言ってるし。(笑)どんどん「クリスマスツリー」から遠のいていくな。(笑)


部屋がなんだか広く感じるな。
ゴハン作りがアッという間に終わるな。
タオルが多すぎるな。
首輪もこんなにいらないな。
そのうち慣れるのかな。

グーさん、天国での初日はどうだった?
やっぱり寂しいよ。
[PR]
by goopicot | 2006-09-25 18:34



2006年 09月 25日
火葬&納骨
+++++++++++++++++++++++++++
9/23


f0095047_1611286.jpg朝1で姉の子供達が「いとこ」にお別れにやってきました。


f0095047_165273.jpgお庭のさるすべりのお花を入れて、大好きだったオヤツをもたせて、旅立ちの準備が整いました。アイスノンでへたれてきた重いダンボールをみんなで車まで担いでいきました。


火葬場へはサンタ家が来てくれました。
グーの事を誰よりも可愛がってくれていたサンタ家の娘達。
サンタママはこの日の朝までグーの事を娘達に切り出せなかったそうで
ギリギリまで悩んでいましたが、結局お別れに来る事になりました。

火葬場までの途中でネズミ取りをやっていました。
実は数日前、ダンナが獣医に向かう途中に
同じ場所で19キロオーバーでキップ切られました。
この日は火葬場で現地集合の約束だったのですが、
途中でサンタ家の車と出くわしてたまたまウチの車が先導していたため
ノロノロ運転で捕まらずに済みました。
きっとグーさんが気をきかせてくれたんだね。

グーの火葬は某火葬場で行われました。
大昔からある火葬場なのでちょっとすたれた雰囲気ではありますが
人間と同じ扱いで、お値段もお高くなく(グーは2万6千円)、
なんといってもウチから近いのでそこに決めました。
到着すると男性3名&女性1名がお出迎えしてくれました。
そして最後のお別れをし、グーのおカンが中に消えていきました。

「本当に焼くだけです」と聞いていたのですが、
お焼香があったり、一応待合室みたいのが用意されていてお茶が出されたり、
あまり人間と変わらない感じでした。
実際途中で団体さんがゾロゾロと入ってきたのですが、
グーのおカンはとってもハデだったので
隣で人間の火葬やってたらちょっとひんしゅくだったかも・・・
重ならないで良かったです。

お骨になってしまったグーさん。
これが頭蓋骨です、これが歯です、肋です・・・と説明を受けました。
やっぱりガンだと骨が結構小さくくだけちゃうのかな、と思ったら
担当の男性が「ラブは他の犬種に比べて弱くてくだけちゃうんですよねー」と。
そっか・・・ラブだと思ったのか・・・そりゃそうだな。
一応「ゴールデンです」と訂正しておきました。(笑)

その後、スーパーで買い出しをして
家で「精進落としもどき」をしました。
そして柴犬のウッフィーの埋まっている「ウッフィーいますツリー」の下に
大きなお骨を埋めました。

f0095047_16505497.jpg



細かいお骨は「グー散骨隊」の人数分に分けました。
そして海に行き、それぞれが好きな場所で、それぞれの思いを込めて散骨しました。

グーと通った海。
グーの大好きだった海。
もうグーの泳ぐ姿は見られない。
でもこの日の、この空を見ていたら、
なんだか天国に昇って行くグーさんの姿が見えた気がしました。


f0095047_1794036.jpg



f0095047_1795883.jpg



f0095047_171461.jpgダンナのカロートペンダントと私のカロートブレスレット。
海や温泉にも入れるチタン製にしました。


f0095047_17133464.jpgたくさんのお花や・・・


f0095047_17164795.jpg心のこもったカードに囲まれて。



グーさん、天国で笑ってるかな。
[PR]
by goopicot | 2006-09-25 17:19



2006年 09月 25日
その後
3匹の生活になって4日。
そんなにメソメソはしていませんが
どうも涙腺がイカれてしまったようです。(笑)
泣いてる意識はないのに、顔は笑ってるのに、
気がついたらお皿の上に涙がポロポロ落ちてたり。
今まで気が張っていたせいでしょうか。

でも、無理に急いで立ち直ろうとするのはヤメます。
いつか時間が癒してくれるのは頭では分かっているから。
いつも通り周りの友人に迷惑かけながら(笑)
少しずつ元気を取り戻していきます。

+++++++++++++++++++++++++++
9/20、ブログ投稿後より

いつも通りテーブルで作業をしていると背後から強い視線を感じた。
苦しそうなグーが頭をあげてこっちを見ている。
もう頭なんてあげられないはずなのに。
速攻で作業を中断。
それまではグーのすぐ横のソファーで寝ていたのだが
その日は山のようなペットシーツと濡れタオルを手の届く場所に置いて
グーに添い寝する事にした。

夜中何度もゲーゲー吐く。
寝そべりながら吐いて窒息すると大変なので
その度に首を起こしてさすってあげた。

ビデオの録画ボタンが知らないうちにONになっていた。
床しか映ってないけど音声は入ってて、どうもその時私はグーに
「もういいよ、もうがんばらなくていいよ、行ってらっしゃい」
てな事を言っていたようだ。
天国でこれをやれ、あれをやれ、この人を探せ、
あの人に会ったらこう伝えろ、と色んなタスクを与えていたみたい。(笑)
頭がボーッとしてて全く記憶にはないんだけど。

吐くだけ吐いたら、呼吸が少し穏やかになってきた。
同時に外も明るくなってきた。
ダンナのアラームを遠くに聞きながら
いつの間にか眠りについていた。

眠りについた推定時刻、7時15分。

+++++++++++++++++++++++++++
9/21

点滴のために2つのアラームを常に9時に設定してある。
でも、この日はどっちのアラームも聞こえなかった。
鳴らなかったのではない、止めてもいない、
鳴っていたのに聞こえなかった。

「ハッと目が覚める」とは、こういう事を言うのだろう。
まるで何かに叩き起こされたかのように、急に目が覚めた。
11時ちょっと過ぎ。

ここ数週間で、グーの顔ではなく
まずお腹を見て呼吸をチェックするクセがついてしまった。

・・・動いていない。

グーは死んでいた。
私がちょっと寝ているスキに、1人で逝ってしまった。

話が前後するが、その後のダンナの話だと
家を出る前(8時頃)のグーの呼吸はとても穏やかで、
ちょっとウ●チが出ていたので拭こうかと思ったらしいが
せっかくスヤスヤ寝てるのに起こすのも可哀想なのでそのままにして、
挨拶もしないでコッソリ出ていったそう。
私はグーの真横で爆睡していたそう。

また10時ちょっと前にたまたま母親が寄ったらしいが、
その時の説明も全く同じで、グーのお腹が穏やかに動いていて
その横で私が死んだように眠っていた、と。
2人ともあまりにも静かに寝ていたので起こすのはやめた、と。

以上の説明と体の暖かさ、柔らかさから考えると
グーは私の目が覚める30分ほど前に亡くなったと思われる。

グー。
グーさん。
どして1人で死んじゃったの?
笑顔で見送ってあげるはずだったのに。
なんで30分待っててくれなかったの?

何故私は寝てしまったんだろう・・・
もし苦しんでいたのに気づいてあげてなかったとしたら・・・
グーが亡くなった当日は
自分を責める気持ちでいっぱいだった。

ハッと目が覚める。
グーのお腹が動いていない。
その時の光景が頭の中で何度もリプレイされる。

友人が駆けつけてくれた。
正直、もう少し冷静でいられるかと思ったけど
想像以上に動揺している自分にちょっと驚いた。
何を、どの順番で、どうすればいいのか。
そんな私を横に見ながら、赤い目の友人は
グーさんのおカンをお花で綺麗に飾ってくれた。
「ずっと泣いてなかったんだから、泣けばいいよ」
と言われて安心しちゃって、ビービー泣きまくった。

「●●(私の名前)は絶対に笑顔で見送るなんて言ってたけど、
グーさんは●●にそんな無理をさせたくなかったんだよ。
最後までとってもグーさんらしいよ。」

・・・ありがとう。

夜、メルモ家も駆けつけてくれた。

「グーちゃんは1人で逝ったんじゃないよ。
グーママがすぐ横にいて安心したんだよ。
グーママの事、起こしたくなかったんだよ。」

・・・ありがとう。

そしてダンナが帰宅。

「俺はグーさんが『今だ!』と思って、時を選んで逝ったんだと思う。
昨日の様子からしてもグーはもう限界ギリギリのところまで来ていて、
でもグーの性格からして人間の気配を感じてる時は
どうしても頑張って反応しようとしちゃうから、
俺がいなくなって、お義母さんもいなくなって、●●が横で寝ていて、
●●の存在を感じていて、でも●●が起きる前のほんのちょっとの静かな時間に
『今だったらいいかな』って平和な気持ちで逝ったんだと思う。」

確かに、もしあの至近距離で苦しんでいたら
さすがに気づいていただろう。
吐いた後、苦しんだ後が見れるだろう。

そっか・・・グーさん・・・
私としてはどうもなんだか納得いかないけど、
グーさんがその時を選んだんだったら、
グーがそれでいいんだったらいいや。

・・・と、数日経ってそう思えるようになった。

+++++++++++++++++++++++++++
9/22

心ここにあらず。
21日、22日の仕事は全キャンセルした。
火葬は23日(土)の午前中。
クーラーギンギンの部屋で、セーター着て布団2枚にくるまって
アイスノンに埋もれたグーと2夜過ごす事になる。

グーにお別れを・・・とのお電話を何人かの方に頂いた。
でも遠いとこわざわざ出向いて頂くのも申し訳ないし、
そのお気持ちだけで本当に十分だし、
家もめちゃくちゃだし、なんてったって私がめちゃくちゃだし(笑)、
おカンに貼る写真なんかを選びながら
グーと最後の1日を静かに過ごさせて頂くことにした。

悲しくて、寂しくて、しばらく写真やビデオは見れないと思っていた。
でもグーの場合、ガンが発覚してからの3ヶ月半、
下半身麻痺でヨレヨレになっていくまでの印象があまりにも強烈だったので、
ほんのこの間まで元気に走ったり泳いだりしていたはずなのに
そういった姿がよく思い出せなくて。

あー、そうだ。
グーさんはほんのちょと前までこうだったんだ。
グーの幸せそうな姿がなんだか嬉しくて。
同時にせつなくて。
写真選びながら泣いたり笑ったり。

ダンナが帰宅してからは
長さがちょっと足りなかったおカンのリフォーム。
途中でグーさんを何度か引っ張りだしたり動かしたりしなきゃいけなくて、
口や鼻から血が出たりホラー映画的な場面もあったんだけど(笑)
なんてったって相手はグーさんだから怖くもなんともない。
皆さんから頂いたお手紙、FAX、絵、写真なんかを明け方までペタペタ貼りながら
最後の夜を過ごしました。


f0095047_15351991.jpg21&22日。


長くなったので投稿分けます。(23日に続く)
[PR]
by goopicot | 2006-09-25 15:58



2006年 09月 23日
御礼
お花・・・お電話・・・カード・・・メッセージ・・・
みなさま、本当にありがとうございます。

グーはこんなにも愛されていたのですね。

本日無事火葬を済ませました。
この3日間、あまりにも色々ありすぎて
何をどうご報告すれば良いのか、
どこから始めればよいのか・・・
まだ頭がボーッとしています。

明日1日ゆっくり休んで、
グーの最後の夜(9/21明け方)から
1日1日順を追ってご報告させて頂きます。

本当はお一人ずつ御礼を申し上げたいところですが
それもまたゆっくり・・・
ブログのお返事もゆっくり・・・させて頂きます。

取り急ぎ。
[PR]
by goopicot | 2006-09-23 23:12



2006年 09月 21日
帰天
天使のようなグーさん。
神様の元に戻っていきました。

落ち着いたらゆっくりご報告します。
ありがとうございました。
[PR]
by goopicot | 2006-09-21 15:43



2006年 09月 20日
生命

f0095047_2120524.jpg友人が差し入れを持ってお見舞いに来てくれました。話し相手になってもらってとても有り難かったです。


流動食をあげるのをやめました。いくらあげても吐いてしまうから。もっとも、たとえ流動食を与えなくても吐き気がおさまるわけではないので、だったらあげ続けようかとも思いましたが、少しでも嫌な事はもうやりたくありません。お腹の中にはもう何も残ってないはずなのに、吐く拍子に少しウ●チが出てきます。


f0095047_21341576.jpg←こんな目でこんな呼吸をされたら(昨日の輸血がきいたのか、これでも今日はかなり穏やかな方です)もう「早く!これ以上苦しまないうちに!」と思うしかありません。かといって、ちょっと呼吸が聞こえなく(穏やかに)なると「ダメッ!まだもう少しだけ!」と駆け寄っては心臓が動いているのを確認して安心している自分がいます。


私だけがツライわけでも、
私が一番ツライわけでもありません。
毎日そう自分に言い聞かせています。

私はグーを見送るまでは泣きません。
それだけは心に決めたから。
泣くのは後からいつでもできるから、
グーは絶対に!笑顔で送ってやります。

こんな時、ピコの存在が有り難いです。
無邪気にオモチャをピーピー鳴らしています。
「死」と向き合っている今、
すぐ横で「生命」を感じる事にどれだけ救われるか・・・
多頭飼いで良かった、と心から思います。


[PR]
by goopicot | 2006-09-20 22:19