<   2006年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧



2006年 10月 31日
ヘンなお礼
フィラリアが3週間も遅れている。
まだ蚊がブンブン飛んでんのに・・・まずい。

グーの病院へのお礼を海外通販で取り寄せていたので
それが届いたらすぐに行こうと思っていた。
ところが品切れやら発送忘れやらでなかなか届かず。
催促メール5回&国際電話2回でようやく発送してくれた。

ふつう発送忘れるか〜???
と思われるかもしれないが、海外通販でこういったトラブルは日常茶飯事。
実はこのお店だけでもこれで3度目の発送トラブル。

日本のサービスに慣れている人間にとって
米国のサービスは本当に疲れる。

だったら海外通販すんな?
だって安いんだもん。(笑)

f0095047_19311466.jpgグーピコ・クリニックで重宝したコーバン。
なんてことはない、単なる包帯なんだけど
可愛い絵柄がランダムでプリントしてある。
どよ〜んと暗い気分の時は
こういったちょっとした事が嬉しかったりする。


f0095047_19373154.jpg可愛い包帯ですねー、と先生。
そっか、病院の包帯はいつも無地だ。

よし、決まり!
早速ドカンと注文した。


f0095047_19535139.jpgあれから約7週間、今日ようやく届いたんだけど・・・
全部スマイリーフェースだー!!!(T△T) 
これなら日本でも手に入るじゃーん!!!
骨や水玉やハートマークが欲しかったのにー。(T^T)

ま、仕方ない。
これ以上フィラリア遅らせるわけにもいかないから
明日にでも行ってきましょう。


しかし・・・そもそもお礼に包帯ってどうなのよ。
普通菓子折りだよなー。(^◇^;)
[PR]
by goopicot | 2006-10-31 20:08 | 犬/一般



2006年 10月 29日
バタ足
f0095047_20574144.jpgグーがこの世でやり残した事の1つ。

「泳ぎの指導」


f0095047_20594497.jpgバッチャンバッチャン・・・
ボッチャンボッチャン・・・
威勢のいいバタ足が響く・・・



これ、かなり恥ずかしい。
他のレトリバーはみな優雅に
静かに泳いでいる。
ピコだけどんちゃんお祭り騒ぎ。
お散歩ピープルが指差して笑う。
嬉しそうに溺れてる犬・・・確かに滑稽。


f0095047_2127194.jpgそれでも少しずつ
進歩している(気がする)。
以前は行き帰りとも
バチャバチャだったのが
ボールをゲットすると少しは落ち着くのか
帰りはあまり水しぶきを
たてないようになった。
行きもどうにかならないもんかなぁ。
ちゃんと水かいた方が進むんだけどなぁ。


ま、楽しそうだからいいんだけどね。


今日はお隣で泳いでたゴルちゃんのストーカーも。
グーさんと間違えたのかな。
[PR]
by goopicot | 2006-10-29 21:48 | 日々の出来事



2006年 10月 27日
物は言いよう
f0095047_2348643.jpg

「オーシャンビューのベランダ」


(見た目3cm)


f0095047_23485192.jpg


(身を乗り出すと7cm位にはなる)



f0095047_23492021.jpg

「マウンテンビューのベッドルーム」


(ほとんど木に隠れてる)





なーんて考えたら虫だらけの田舎暮らしも悪くない。(笑)
(東京育ちの私は虫が大・大・大の苦手)

しかし・・・せっかくの海。
御用邸の木、切ってくれんかな。
[PR]
by goopicot | 2006-10-27 23:57 | 一般



2006年 10月 26日
ハロウィン
f0095047_18143196.jpgどんどん増え続けるハロウィングッズ。
毎年飾る期間が短いのが残念。


f0095047_18152445.jpgこの時期になるとなんだか嬉しくなる。
楽しかった記憶が蘇るからかな?


f0095047_18161999.jpgたとえば学校のハロウィンパーティー。
ドレスアップしてるせいか普段より大胆になってみたり。
好きな男の子とダンスしてときめいてみたり。(笑)


f0095047_18164747.jpg初めてのtrick or treating。
数日前に足ねん挫しちゃって、
でも松葉杖で汗だくになりながら必死に歩きまわった。
子供のお菓子への執念はスゴイ。(笑)


f0095047_1823988.jpgサンタっぽいグーにはクリスマスがよく似合った。
魔女っぽいピコにはハロウィンがよく似合う。(^m^)

(実はピコの名前、最後まで「キキ」と迷ってた、笑)
[PR]
by goopicot | 2006-10-26 18:31 | 一般



2006年 10月 25日
残された者
私は渡鬼をしっかり見た事がない。
藤岡琢也氏ももちろんお顔は知っていたけれど
サッポロ一番の印象が強いし
死去のニュースを聞いても正直「ふーん」だった。

『残された愛犬タロー君』

子供のいない藤岡氏はYラブのタロー君(10歳)を溺愛していたらしい。
タロー君とのしばしの別れが辛くて地方公演を全て断り、
毎朝毎晩フードに茹でキャベツやいわしをトッピング。

タロー君を見つめる優しい目。
最愛の孫を見つめるおじいちゃんの目。
「日本のおとうさん」は真の愛犬家だった。

いつか過去にさかのぼって渡鬼を見ようと思う。

f0095047_13155736.jpgお花を頂いた。
グーの大好きだったおりんご付き。(#^^#)
また窓辺が華やかになった。


[PR]
by goopicot | 2006-10-25 13:18 | 犬/一般



2006年 10月 23日
責任
f0095047_16505783.jpg日曜日。10日間のだらしな〜い生活の証拠隠滅をはかるべく、朝からせっせと掃除。夕方、ブルブルの室内とハフハフの屋外の温度差で半日寝込んだらしいダンナをピコと一緒に羽田(関空経由なので羽田)でピックアップ。ミネラルウォーターのラベルがなんともアラビア〜ンでトレビア〜ン♪


f0095047_17213876.jpg月曜日。グー騒動で狂犬病の登録をすっかり忘れていたら催促のハガキが送られてきた。大急ぎで保険センターへ。狂犬病免除の書類、ピコのだけ提出して(ピコも今年はアレルギーにこじつけて免除)グーは死亡届けを出してきた。

あーあ。


広島の譲渡会の様子をテレビで見た。
審査基準に関して賛否両論意見が分かれているよう。
確かに先住犬の去勢/避妊といった絶対条件があるのなら
予め記載しておいた方がよかったと思う。
外飼い=犬に対する愛情が薄い、とも言いきれないと思う。
わざわざ遠くまで出向いたのに審査で落とされた方々を本当にお気の毒に思う。
中にはきっと素晴らしい飼い主もいらっしゃったはず。

ただ、私は今回のAAの審査基準を100%指示している。
それは彼らが100%正しいと思う、という意味ではなくて
今回の件はAAが全責任を追ってやっているのだから
彼らの基準に従うべきだと思う、ということ。

まさかあんなに沢山の希望者が集まるとは思っていなかったのだろう。
混乱の極みの中で、やむなく受付を早めに終了したのだろう。
いくら全国から支援金が集まったといっても、相当自腹も切っているはず。
苦情処理だけでも大変だろう。

愛護団体とは言っても、日本にはレスキューのプロは存在しない。
いきあたりばったり的な所があるのは当たり前で、
彼らは私のようにあーだのこーだの評論家みたいに(笑)
ぐちゃぐちゃ言う時間さえ惜しんで
試行錯誤を繰り返しながら戦っている。
そういった人達のちょっとしたミスをとやかく言うのはおかしな話。

全ての文句は管理業者に向けられるべき。

犬というキーワード「だけ」でつながっている人間関係のもろさを
野良犬レスキューの時に痛感した。
犬なんて飼った事もない直接の友人達とチームを組んだ方が
よっぽど物事がスムーズに運ぶ、と何度も感じた。
今回も舞台裏で様々な人間ドラマが繰り広げられているのだろう。
そんな中、半数以上のコがお試し期間に入れた事を本当に嬉しく思う。

毎日欠かさずチェックしているブログがある。
レスキューした8頭のノラの1頭のブログを偶然見つけたのだ。
現在新しい家族の元で幸せに暮らしているが、
里親さんは団体からノラ時代(餌付け〜捕獲まで)の事を何も知らされていない。
(当時の私はどうしても犬を一時預かり出来なかったので捕獲後とある愛護団体に預けた)

私はずっとグーの過去が知りたくてたまらなかった。
幸せな過去も、悲しい過去も、グーの事は全て。
だからこの飼い主さんに私が半年間ほぼ毎日欠かさず記録した
ビデオや画像を是非お渡ししたいと思った。
でも急に連絡を取るのもどうかと思い、団体の責任者にメールを書いた。

数日後、断りのメールが届いた。
今更あのコの過去を知っても飼い主のためにはならない。
だから飼い主には連絡を取るな、と。

世の中には色んな考え方があるが
あのコを団体に預けた以上
私は全責任を負ってあのコを里子に出した団体に従うべきなのだ。
(地理的に近い、といった理由で団体を安易に選んだ私のミス)

「何故シャケや唐揚げに反応するんだろう・・・」
(お弁当屋さんからお弁当の残りもらってたからです)
「どんな所で寝ていたんだろう・・・」
(佐川急便のトラックの下です)

いつも胸をつまらせながら画面に向かって答えている。

みんな、幸せになりますように・・・。



p.s.ソフトバンク、ばんざーい!(笑)
[PR]
by goopicot | 2006-10-23 19:22 | 犬/一般



2006年 10月 21日
グーとピコ
土曜の11時過ぎ。
いつものように環八の渋滞を裏道で避けながら甲州街道目指して走った。
ちょうど1ヶ月前の今頃だったな・・・と思いながら。

ハッと目が覚める。
お腹をチェックする。
・・・動いていない。

一生忘れない、あの光景。

長かった1ヶ月。
時の流れがこんなに遅く感じたのは
大人になってから初めてかもしれない。

昨日犬友からお電話を頂いた。
残されたピコの事をとてもご心配くださっていた。
ところが有り難い事に、ピコはグーの死に全く動揺していない。
ちょっと拍子抜けするほど。

実は私は一度も甘噛みに悩まされた事がない。
グーは成犬里子だったし、
ピコの激しい甘噛みのターゲットはグーだったので
人間は一切痛い思いや家具をボロボロにされずに済んでしまった。
f0095047_2571229.jpg

ピコの子育ては事実上グーが担当した。
首周りにいくつもかさぶたを作りながら
しつこく噛み付いてくるウザいチビスケの相手を
「忍」の一文字で請け負ってくれた。
f0095047_311721.jpg

f0095047_2595666.jpg
f0095047_302293.jpg

ピコは大のお兄ちゃんっ子に育った。
「子育てサボったせいでグーにピコの事完全にもってかれたよー!」
と一時真剣に悩んだ。(笑)
f0095047_2584861.jpg

f0095047_2594360.jpg

以降5年間、グーとピコはいつも仲良く寄り添っていた。
f0095047_362023.jpg
f0095047_363426.jpg
f0095047_365023.jpg
f0095047_37481.jpg
f0095047_371688.jpg

妹思いのグーが下半身麻痺になった頃から
急にピコに八つ当たりするようになった。
八つ当たりはどんどんエスカレート、
ピコとちょっと目が合っただけでトラ顔で怒り始めた。
グーのトラ顔をとても怖がっていたピコ。
近寄っては怒られ、視線が合っては怒られを何度も繰り返してるうちに
ついにグーから顔をそむけるようになってしまった。

理由もなく怒られるピコに同情しつつも
病気だから仕方ないな・・・
自分の体が不自由になっちゃったのに
ピコがヘラヘラ歩きまわってんのがムカつくのかな・・・
そんなんで片付けていた。

私はなーんもわかっちゃいなかった。

犬は人間みたいに結果なんて計算しない。
それでもグーの本能が、細胞が、ナニかが、
ピコを自分から遠ざけようとしていたのは確かなのだ。

ピコはグーの遺体にもあまり近づきたがらなかった。
いつまた起き上がって怒られるかもしれないと、ビクビクしてるように見えた。
そしてグーがいなくなった今、ピコは飼い主である我々を頼り、我々に寄り添い、
何事もなかったかのように毎日元気に過ごしている。
f0095047_2554441.jpg

いつか会えるその日まで。
これからもグーを思わない日はないだろう。
[PR]
by goopicot | 2006-10-21 23:56 | 犬/思い出



2006年 10月 20日
フェイント
こうやって騙すのはよくない、と分かっていながら
おもしろくてついついやってしまう。(^m^)
[PR]
by goopicot | 2006-10-20 23:10 | 犬/一般



2006年 10月 19日
小市民
先日注文した23kgのお肉がドカーンと届いた。
次々と冷凍庫に収納。

f0095047_1143111.jpg鹿のスネ肉、10kg。
全部ガッチガチにくっついて固まってる。
巨大アイスブロック状態。

どうりで安かったワケだ。(^^;

これは少し解凍しないと。
その間コストコへ・・・羊を2kg購入。
この場におよんでまだ買うか!(≧∇≦)


f0095047_1421554.jpg戻ってきて、イイ感じで解凍されつつあるお肉を
ナイフとフォークでガンガンやりながら小分け。
勢い余って爪3本折れた。(^◇^;)


安い食材がパンパンに詰まった冷凍庫を覗きこむワタシ。
ムフフ♪

これぞ小市民の幸せナリ。(^m^)
[PR]
by goopicot | 2006-10-19 23:57 | 犬/食事



2006年 10月 18日
ストーキング
広島のコ達が気になって気になって
AAのサイトとブログを毎日ストーキング。
現地に飛んで行けないのがもどかしい。

笑顔を取り戻したワン達の姿に泣いて。
未だ悲惨なワン達の姿に泣いて。
どっちにしても泣くって分かってるから
仕事前には見ないようにしている。

サイトに掲載されている10/7のショッキングな画像。
忠告無視して画面開いて・・・放心状態に陥った。
その後、トイレに駆け込んで本気で吐いた。

あぁぁ・・・

AAのサイト ←お子さんは見ない方がいいです。
AAのブログ(活動日誌)

[PR]
by goopicot | 2006-10-18 23:53 | 犬/一般