タグ:友人 ( 66 ) タグの人気記事



2006年 07月 04日
東京サ行ったダ
昨日は朝・夕ともウ●チがゆるい。
食欲はまぁまぁ。
f0095047_841912.jpg
朝、今回クロスマッチテストにご協力頂いた獣医さんにお支払いがてらご挨拶に。
グーの主治医の体育会系院長(笑)とはまた一味違う
ソフトタッチのやさしそうな院長さんに
「このお顔だったまだまだイケそうですね〜」と言われて
「そうでしょ〜?」と素直に喜んだ。(^^)
本当にお世話になりました。m(_ _)m
f0095047_851945.jpg
友人とランチ。
グーさんに穀物抜きのランチメニューをおごってもらったのだが・・・
f0095047_882447.jpg
「クンクン」・・・食べない。(^◇^;)
ちょっとぉ、お店に失礼だから一口でいいから食べてよ〜!
f0095047_895120.jpg
水は何度もおかわりしたクセにゴハンにはお尻向けんのかいっ!〔≡_≡;〕
結局友人がソーセージだけ手で食べさせてくれて、
残りはいかにも食べたかの様にボウルの片隅に押しやった。(^m^ )

その後、いつもお世話になっているKYさんのお店に立ち寄ってから
グーの元親、Yさんのお店へ。
f0095047_8162398.jpg
Yさんの「グッチ〜〜〜!!!」という声にグーさん大喜び!!!

・・・ちょっと昔の話。
6年前の夏、「グッチ」はYさんのお宅からウチにやってきた。
外飼いされていたグッチをYさんが引き取ったのが1歳になるかどうかの頃。
グッチの元飼い主は某ケンネルにウン百万というお金を払って
グッチをオーストラリアから連れてきた挙げ句飼育放棄してしまった。
Yさんいわく、当時のグッチはドロドロに汚れて毛もハゲハゲだったそうな。

手元の2枚の写真が全てを物語っている。
真っ白なパピーが広いお庭でこちらを向いている。
モノクロのお洒落な写真。
多分雑誌にでも載せるためにプロカメラマンに頼んだのだろう。
でも、パピーの目は笑っていない。

はるばる日本にやってきたチビグッチを抱きしめてあげたかった。
一緒に遊んであげたかった。

チビグッチは何を考えていたんだろう。
どんな思いだったんだろう。
私の知らない「空白の時間」を知りたくて、知りたくて。
想像ばかりが膨らんで。

でも、もうそんな気持ちはどこかに行ってしまった。
だって我々はたくさんの「時」を共有してきた。
昔なんてどうでもいい。
グーはウチに来る運命だった、とようやく思えるようになった。

f0095047_9203282.jpg
ジミーちゃん。
Yさんのお宅でグーとジミーちゃんはルームメイトだった。
その間グーはジミーちゃんから「ガウガウの極意」をしっかり叩き込まれたらしい。
1歳位から2歳半まで・・・確かに訓練には最適な年齢だし。(^m^ )
ジミー師匠!
師匠の教えはオッサンになった今でもしっかり実践しておりますっ!
どうぞご安心をっ!(爆)
f0095047_9361313.jpg
その後メルモ家に一瞬立ち寄って玄関に水ぶちまけてから(爆)
f0095047_9383450.jpg
名前も知らない高級外車ばっか停まってるマンションの駐車場を
15万キロ目前の傷だらけの国産車が突き進むぅ〜!o(>▽<)o 
f0095047_9445519.jpg
やってきたのはモニチョニ(友人の娘達のニックネーム)の住むマンション。
朝から出っぱなしでグーさん疲れてるかとも思ったけど
「モニチョニにグーさん来るって言ったら学校から走って帰ってきたよ〜」
と聞いたら顔を出さないわけにいかないっ!
なんせモニチョニは地方に転勤していた頃
大好きなディズニーランドをけって
グーピコに会いに泊まりに来ていたほどの
「ほんまもん」の犬好きなのだ。
今回グーの事を多分他の誰よりも心配してくれている。
f0095047_1044397.jpg
モニチョニも一緒に「気」の練習。(≧∇≦)
でもここまで手が沢山あるとちょっと恐い。(変な宗教にも見える)
f0095047_946582.jpg
その間三太の「遊ぼ♪」攻撃が止まらない。
f0095047_954593.jpg
「いい加減にしなさ〜い!グーさんは病気なんです〜!」
・・・閉めだしをくらってしまった可哀想な三太。(笑)
f0095047_1074373.jpg
グーをやさしくなでるチョニ。
「グー、ハァハァ言ってるよ。暑いんじゃないの?」と
紙(宿題のプリント・・・いいの?)で冷たい風を送るモニ。
グーさん、いっそのことモニチョニ家のコになる?
そのほうが絶対待遇がいいよ。(笑)
f0095047_9472493.jpg
マンションを出るとすぐ駒沢公園の入り口。いいな〜♪
f0095047_9485595.jpg
フロントにはモニチョニの書いた「グーさんがよくなりますように」の短冊がかかっている。
f0095047_9531029.jpg
そして8時近くにようやく帰宅。
しかしその後、グーピコの激しい「新玩具争奪合戦」が遅くまで続いた・・・
[PR]
by goopicot | 2006-07-04 10:28



2006年 06月 27日
メルモ
今朝のウ●チは久しぶりにゆるめ、食欲はまぁまぁ。
でも散歩の帰りに何度かヨロけた。
やっぱ貧血が進んでるのかなぁ・・・(>_<)

午後、お友達のメルモ(ようやくリンクの貼り方が分かった)がお見舞いに来てくれた。

ピコの激しい歓迎(?)を受け、いっきにビビッてしまったメルモさん。(^^;
「わたくしはこちらで結構でございますぅ〜」と言わんばかりに
例のごとく部屋の隅(玄関のドア)にピタッとくっついて離れません。(笑)

「じゃ〜オヤツにしよっか〜。」
「ん?オヤツ?わたくしオヤツには目がないんですのよぉ〜」と言わんばかりに
スタコラサッサとやってきたメルモさん。(^m^ )
f0095047_026812.jpg
生骨をカジカジするグーピコ。
(グーが生骨に興味を示すのは久しぶり)
f0095047_0274695.jpg
ゲッ。メルモもう食べ終わって見てるし。(≧∇≦)
f0095047_0284489.jpg
そのホネ、いらないんでしたらくださいますか〜?

今日はまさに海日和だったけど
明日輸血する可能性を考えてさすがに海はヤメといた。
f0095047_0311998.jpg
次回までにはもっと元気になっとくから
また一緒に泳ぎに行こうね♪

f0095047_0324781.jpg
夜の食欲は三角、ウ●チは良好、でもまたヨロけた。(>_<)

明日はピコのクロスマッチ検査、うまく行けばそのまま輸血。
そして夜は例のNYの病院とのテレフォン・コンサルテーションがある。

*輸血に関してメールを頂いた方、本当に本当に本当に有難うございます!!!
今のところメールさせて頂いたような段取りになっています。
ひょっとしたら本当にご連絡させて頂くかもしれませんが、
その際はよろしくお願い致します。m(_ _)m
[PR]
by goopicot | 2006-06-27 23:47



2006年 06月 25日
みんなの思い
金曜の夜、姉の子供たちが「イトコ」のお見舞いにやってきた。
f0095047_12513742.jpg
土曜の朝食は缶フード、ドライフード、鶏野菜スープ、馬肉、レバー、お魚の6種類を用意。
f0095047_1252151.jpg
いつも通りにお薬とサプリ、グリーンの玉を用意して
f0095047_1253113.jpg
ゴックン。
f0095047_12535895.jpg
缶を一口。
f0095047_12542665.jpg
続いてレバーと馬肉をペロリ。
f0095047_12545969.jpg
もう少し食べてよ〜。
・・・お魚だけゴックンさせておしまい。

午後、大学時代の友人家族がジャックラッセルの三太(さんた)を連れてやってきた。
f0095047_12565988.jpg
久しぶりのご対面。
f0095047_12574966.jpg
毎朝駒沢公園のドッグランで大型犬にもまれているだけあって、度胸が据わっている。(笑)
f0095047_12593996.jpg
1部屋に犬3頭、大人4名、小学生5名の大騒ぎ。
でもグーさんとっても楽しそう。

「ねーねー、私グーさんに【き】やってあげるよ」と友人。
・・・はぁ?
よく聞いてみると、転勤先の友人が「気」でダンナを倒せる程の達人で(笑)
その人から良い「気」の集め方を教えてもらったそうな。(^◇^;)
半信半疑で様子を見ていると・・・
f0095047_1382644.jpg
彼女が手を添えた途端に寝てたグーが起きあがった!
ま、まさか・・・ひょっとして何か感じている???
そして彼女が手をどけると彼女を見上げる。
こ、これは・・・グーの「もっとやって〜♪」の催促ではないか???
f0095047_13125596.jpg
・・・そして気持ち良さそうに寝てしまった。
試しに私の腕に手を添えてもらったら・・・あぢっ!!!!!

なんじゃ、こりゃぁああああ!!!
つか、効きそ〜〜〜〜〜〜\(≧∇≦)/

学生時代、共に悪い事をやり尽くした我々。(笑)
彼女ったら、いつの間にこんな「技」を身につけていたのだ?
「私なんてまだまだだし、向き不向きはあるみたいだけど
練習すれば誰でも出来るんだよ〜。
グーさんが治るのを信じて、良い気だけを集めるんだよ〜。」
いや〜ん、頑張るからおしえてぇええええ!!!!!(T△T) 

そしてグーは二度目の食事。
「気」が効いたのか三太に取られまいと必死だったのかは分からないが(笑)
驚くほど食欲復活。
夕方には偶然近くまで来ていた大学時代の別の友人家族も加わり
全員でBBQをやる事になった。
f0095047_13254111.jpg
小学1年生〜6年生が勢揃い。
食前、全員声を合わせて「グーさんがよくなりますように・・・」

元気な子供たちの心、効きそ〜〜〜〜〜〜\(≧∇≦)/

そして夜も元気いっぱい、食欲いっぱいのグーさん。
f0095047_14294514.jpg
翌朝、パジャマ姿の3年生の姪がパソに向かってゴソゴソ。
「見ちゃダメ〜!」
「着替えなさい!」と姉に呼ばれて部屋を出てったので画面をのぞいてみたら・・・
f0095047_13294315.jpg

彼女のやさしい心、効きそ〜〜〜〜〜〜\(≧∇≦)/
(「・・・ように」まで書けなかったのね、笑)

戻ってきた姪に早速習った「気」をトライ!
「ねーねー、熱い? 熱い?」
「うーん、ちょっとだけあったかいような気もするけど・・・」
・・・まだまだだな。(笑)

みんなの気持ちが届いたのか
昨日の夕方、獣医に行くまでは全て絶好調だった。
f0095047_13421870.jpg

体重測定。
前回の24.5kgから1.2kg増えていた♪
f0095047_134256100.jpg
今日はお預けナシだから大丈夫だよ。

まず食欲復活の嬉しい報告をした。
先生から頂いたオヤツも初めて口にした。
白血球は変わらず。

しかし・・・(続く)
[PR]
by goopicot | 2006-06-25 23:45



2006年 06月 17日
信じる気持ち
私は自分の問題に周りの友人をどっぷり巻き込んで
ギャーギャー騒いで解決するタイプ。(^^;
夜中に急に不安になったが、いくらなんでも電話できる時間帯じゃない。
そこでアメリカの友人に電話して弱音を吐いた。

「後でいくら泣いてもいい。
でも●×(私の名前)が回復を信じないでどうするの!
奇跡は奇跡を心底信じる人にしか起こらないんだよ!
今グーちゃんにできる事を精一杯やっていこうよ!」

・・・自分の事を知りつくす友人からの「愛のムチ」は何よりもきく。

確かに私は口では「奇跡」とかなんとか言いながら
心のどこかで自分を悲劇のヒロインに仕立てあげていた気がする。

なんで・・・どうして・・・こんな急に・・・
もっと早く発見できていたんじゃないか・・・
どうして食べてくれないの・・・
元気なうちにこれをやらせなければ・・・
あの人にも会わせなければ・・・

この数日間、そんな事ばかり考えていた。

グーは確かに西洋医学的にはひどく癌に冒されているのだろう。
でも教科書に載っていないような神秘的なケースだってあるはず。
AHCCだってアガリクスだってフコダインだってプロポリスだって
誰1人にも効かないという訳ではないだろう。

「グーピコに何かあったら私はどうなるんだろう・・・」
と漠然と思いをめぐらせていたのがつい先日。
その時は想像できなかった、今の自分。

こうなったら、信じよう。
口先だけじゃなくて、心の底から信じよう。
現実逃避ではない。
回復を「信じる」のだ。

という訳で、本日をもって余命1ヶ月宣言を取り消す事にする!
(昨日宣言したばっかじゃん・・・早っ!)

本当はブログを閉じようと思った。
周りに宣伝してないし、どうせ身内しか見てないし。(笑)
何よりもグーが弱っていく姿を綴るのが辛いと思った。

でも、私が今日から書くのはグーの回復日記。
こんなブログを読んでくださっている物好きな方(笑)、
「グーちゃん可愛そうね〜」でも
「グーママ辛いでしょうね〜」でもなく、
グーの回復を一緒に「信じて」頂きたい。
f0095047_22594224.jpg

さて、本日オープンした「グーピコ食堂」。
ペット栄養管理士テキスト「癌患者に対する栄養学的アプローチ法」を参考に集めた食材を
消化が良くなるようにフードプロセッサーでガーッとペースト状にし、
魔法のサプリを惜しげもなく加えたグー専用の特別食。
1食の単価が高すぎてピコは食べさせてもらえません。(笑)
「嫌がる食事を無理矢理食べさせると余計飢餓状態に陥る危険性がある」
とテキストには書いてあるが、グーはされるがままの「こんじょなし」だから
多分大丈夫だろう、と、朝はスプーンで口に入れて薬のようにゴックンさせた。

薬は1日1回のステロイドと、1日2回の抗生剤各種。
あとはアメリカのサイトで「食欲不振に効くと獣医に勧められた」と書いてあって
大急ぎで送ってもらったPepcid(日本で言うガスター10)を1日2回。
(与えて良いかは獣医に確認済)

少しはステロイドが効いているのか、
なんと夕食は自分で進んで数口食べてくれた。
結局残りはスプーンでゴックンさせたが、
それでも1週間見向きもしなかったオヤツを欲しがったり
チーズやアイスクリームも少しではあるが美味しそうに食べた。

グーは腎臓癌のクセに
腎臓自体は今のところ正常に機能している。
片方取っちゃってもいいくらいらしいが、
他の腫瘍が取りきれないのなら体力が落ちるだけで意味がない。
ちなみに肝臓も胃腸も正常に働いているとのこと。
だったら多少塩分が高かろうがなんだろうが
癌に悪くなさそうな物であればなんでも召し上がって頂こう!
f0095047_2338161.jpg

久しぶりのヨダレに感謝。
[PR]
by goopicot | 2006-06-17 23:41



2006年 06月 01日
小包
f0095047_115456.jpg

アメリカから届いたパッケージ。

グーの関節用サプリのデカボトルが2本。
他社製に比べてかなり高めだけど
以前試した時に調子がよさそうだったので奮発。
(その分フロ●トラインをまとめ買いでセーブ)
約20年愛用してるマスカラは6ドル!(≧∇≦)
あと日本で探すのが難しい「ジジ臭くない」ラップトップ用カバン。
これは今月末の私の誕生日プレゼントとのこと。
最近超ハマッているDog Whispererの続きのビデオも入っててゴキゲン♪
(http://channel.nationalgeographic.com/channel/dogwhisperer/)

Thanks honey! o(^ー^)o
[PR]
by goopicot | 2006-06-01 01:26 | 犬/一般



2006年 03月 23日
宝物
f0095047_1121313.jpg


10年前、披露宴で友人がスピーチと共にプレゼントしてくれた絵。背景には我々の10代〜20代の思い出がイラストタッチの犬達で描かれている。学校の窓から顔を出している犬、洗面器に手を入れる犬、買い物袋をひっくり返す犬、運河で泳ぐ犬、馬の像のお尻を見つめる犬(笑) ・・・全てに意味が込められている。手前には油絵タッチのアドバルーン。乗っているのは今は亡き柴犬のウッフィー♂と彼女の愛犬♀。まだまだ元気なこのおばぁちゃん犬は現在彼女と共に海外で暮らしている。

もし地震で家がつぶれて何か1つだけ取りに戻って良いと言われたら、私は間違いなくこの絵を選ぶ。(かかってるのはトイレだけど・・・笑)
[PR]
by goopicot | 2006-03-23 23:55 | 犬/一般