タグ:闘病 ( 67 ) タグの人気記事



2006年 09月 14日
獣医
ここ数日、朝起きるとグーが必ずマットから移動している。
もう自分では移動できないはずなのに・・・
ダンナに聞いても「オレは動かしてない」だって。


f0095047_23482830.jpg今朝ナゾが判明。コロンの状態から上半身だけ起こして、反対向きにコロン。そうすると体1つ分だけは移動ができるのだ!でも下半身は動かないからそれ以上の移動は無理。まさに「究極の寝返り」、まるでおきあがりこぼしだな。(笑)


今日の獣医。
腎臓の値はなんとパーフェクト。
(これで腎臓癌というのがなんとも皮肉)
ヘマトクリットは23.8%、前回とほぼ変わらず。
血糖値が激しく下がっているらしく、
次なる課題は「出来るだけ口から食べさせること」らしい。
帰りに早速肉屋で霜降り牛を買った。
(脂のある肉の方がペーストにした時にモゴモゴしない)
今んとこまだ吐いていない・・・フンパツした甲斐があった。(^^)

主治医のH先生とは普段グーの病状や今後の対応策について話し合うので精一杯。
(私のくだらんおしゃべりのために他の方をお待たせするのはしのびない)
今日珍しく時間が余ったので(もう出来る事は限られてるから)
「先生、今の私って『グーを生かしてる感』が強いんです」
と、自分の気持ちや迷いについてちょっとおしゃべりをした。
普段は最後までこちらの話を聞くH先生が、珍しく途中で遮ってきた。

「いや、僕は今のグーちゃんは生かされてるのではなく
自分で生きていると思いますよ。まだまだ目に力もあるし、
前回のレントゲンの結果からは通常考えられないほど
呼吸も落ち着いていますし、表情もおだやかで、
本当に頑張っていると思います。」

・・・心の中の迷いがいっきに消えた。

正直に言ってしまおう。
一時、先生をちょっと疑った事がある。
フィラリアの時期しか獣医に行ってなかったんならまだしも、
1年間あれだけ疑って検査しまくってたのに、
腫瘍の専門医なのに、何故早期発見できなかったのか。
何故もっと早いうちに手が打てなかったのか。

でも、その後の先生の対応を見ていて思った。
確かに他の獣医に行っていれば別の結果になっていた「かも」しれない。
でもやっぱり同じ結果だった「かも」しれない。
人は最悪の結果を聞かされた時、どうしても誰かのせいにしたくなる。
その一番のターゲットとなり得るのが獣医で、
今まで崇拝してきた獣医でさえイッキに悪者になってしまったりする。

でも獣医だって人間で、全ての犬を治せるわけではない。

獣医にとって最も大切な資質・・・それは犬と飼い主の両方に対して
今自分が出来る最大限の手助けをするんだ、
という「気持ち」なのかもしれない。

私のわがままにとことん付き合ってくださっているH先生と
病院のスタッフには本当に感謝している。

ぴくぴくグーさん
浜辺を走ってる夢でも見てるのかな。
[PR]
by goopicot | 2006-09-14 23:53



2006年 09月 13日
とんちゃん&もぐちゃん

f0095047_23572140.jpg今日は涼しかったので窓の側で点滴。


f0095047_2358366.jpgこんにちは、とんちゃん。
こんにちは、もぐちゃん。


f0095047_003517.jpgとんちゃんには点滴がスムーズに入るよう腕の間に、もぐちゃんには後ろ足の間にはさまってもらいました。


最近、1日1〜2回吐きます。
呼吸が苦しそうな時があります。(特に夕方〜夜)
お水をあまり飲みません。
オシッコがあまり出ません。
前足が少しふらついてきました。
たまに目がウツロな時があります。

一方、元気な時はとっても元気です。
オモチャで遊んだり、ピコを叱ったり(相当八つ当たりしてる)、
自分で体を起こしてちょこっと移動したり。

正直、もういつ逝ってもおかしくない状況なんだと思います。
でも、もうしばらくこのままのような気もします。

オ●ッコ、ウ●チ、食事、移動、
もうグーは何も自力では出来ません。
でも、私は今のグーが好き。
若い頃の「ゴージャスなグーさん」(笑)も素敵だったけど、
今の「おじいちゃん赤ちゃん」みたいなグーさんが愛しいです。

神経をやられてしまった大型犬の介護は確かに大変です。
でも、これはグーから私への最後のプレゼント。
残された時間をグーが少しでも快適に暮らせるように・・・というのは勿論ですが、
グーはそんな一方通行的な事は望んでないと思います。
グーがせっかく私に与えてくれたこの時間を泣いて悲しんで悔やんで過ごしたんでは
一生懸命生きているグーに申し訳ない。

グーには最後まで笑顔を見せたい、と思います。
できるかな。(笑)
[PR]
by goopicot | 2006-09-13 23:56



2006年 09月 12日
また叱られたピコ

f0095047_0465076.jpgグーさんのおっしりっ♪
かーわいーいおっしりっ♪
ぷりっぷりーのおっしりっ♪
ウ●チできいろにそまったよ〜♪
ふいてもふいてもきいろだよ〜♪


f0095047_0481511.jpgグーさんのおっかおっ♪
かーわいーいおっかおっ♪
ガウッガウーのおっかおっ♪
なんだかちょっぴりマヌケだよ〜♪
こわくもヘチマもないんだよ〜♪


f0095047_0542914.jpgピッコリンのおっめめっ♪
かーわいーいおっめめっ♪
ショボくれったおっめめっ♪
にぃにはしっかりみているよ〜♪
オモチャのよこどりきんしだよ〜♪
[PR]
by goopicot | 2006-09-12 23:53



2006年 09月 11日
嘔吐
今日もオ●ッコ吸引、ウ●チ掃除&お尻洗い、
タオル類交換&洗濯、流動食、点滴などなど・・・
1日50時間くらい欲しいなぁ。

f0095047_2328553.jpgピコは日中テーブルの下で過ごす事が多くなった。何かとグーに叱られる事が多い中、ここなら文句ないでしょ・・・って表情。(笑)先日P家のてんてんさんに頂いたマットを敷いてあげた。(本当はグーさんに頂いたんだけど)


f0095047_2333631.jpgグーの側で色々作業できるよう、パソ類も寝室から移動した。


f0095047_23344761.jpg今日も平和に終わりそうだな〜、と安心していたら・・・グーがこのポーズで訴えてきた。今までの経験上「力を振りしぼって起き上がる」=「何がなんでもクッションから動きたい」=「吐きたい、又はウ●チをしたい」(意地でも寝床は汚さん!)という意味なのだ。(オムツだとそのまま寝床でやるんだけど、履かせっぱなしはムレそうだから夜しか履かせてない)

吐くのかなぁ?(せっかく食べた流動食、もったいないなぁ)
ウ●チかなぁ?(ゆるウンだったらお尻洗うの大変だなぁ)
・・・なーんて悠長に考えてる時間はナイ!
大急ぎで(写真はしっかり撮ったクセに)ペットシーツを数枚脇に挟んで
シッポとお尻持って中腰で(これがキツイ)グーの後ついていくと・・・
さっきまでピコがいたテーブルの下で座り込んだ。
ゴボッ・・・ゴボッ・・・ペットシーツでキャ〜〜ッチ!
2回吐いた。

いやぁ、我ながら見事なキャッチだったなぁ。
しかし、グーの口元を拭きながらふと床を見ると・・・


f0095047_23592631.jpgうひゃ〜、ウ●チもしてたのね〜!(≧∇≦)いくらなんでも両方同時にはキャッチできませーん!(^◇^;) ゆるウンじゃなくて助かったけど、さてはグーさんわざとピコの寝床選んでやりやがったな〜!(笑)


f0095047_0341963.jpgその後、急に呼吸が荒くなった。10日前と同じような感じ。辛そう。グーはあまり酸素マスクが好きじゃないんだけど(すぐ顔を背けてしまう)さすがにこの時だけは大人しくマスクにおさまっていた。


あぁ可哀想に・・・また一晩中この調子かな・・・
ところが、何故か2時間位でおさまった。
今は私の足下で白目むいてピクピク夢見てる。

グーさんの肺転移、サッパリわからん。

今日の反省点は、しばらく吐いてなかったもんだから
調子にのって流動食を1回に2本じゃなくて3本あげてしまったこと。
あと、何故か肉に比べて魚は吐く確率が高い。(今日のはサーモンベース)
ホントは魚を食べて欲しいんだけど、吐いちゃー意味がない。
それから、吐いた後にオ●ッコ吸引したら350mlも溜まってた。
吐き気とは関係ないかもしれないけど
明日からもう少しこまめに吸引することにしよう。
[PR]
by goopicot | 2006-09-11 23:57



2006年 09月 10日
すごいヤツ
f0095047_2157259.jpg今日の流動食は馬肉ベース。2本(30ml×2)を5回に分けて合計10本(300ml)飲んだ。最初は1回ずつ作ってたんだけどさすがに面倒なので、6本分まとめて作って冷蔵庫で保管することにした。(何故6本かというと、シリンジが6本しかないから)


日曜の午前中はとっても貴重。
ダンナが獣医に行っている(つまりグーがいない)間に
ここぞとばかりに大掃除をする。
いや、もちろん普段も掃除はしてるんだけど(^^;
グーが動けなくなってから掃除に気を使うようになったというか、
あまり埃たてたくないから掃除機よりも出来るだけコロコロ使ったり。
シュッシュして棚拭くのになんとなく気をつかったり。
今日は天気が良かったので窓全開で埃パタパタして掃除機ガーガーかけて。
シミつきのタイルカーペットを全部ひっぺがして新しいのに変えて。


f0095047_21582423.jpgあ〜、キレイになって気持ちいい〜♪・・・と思ったらグーさんが戻ってきた。で、早速取り替えたばかりのクッションカバーの上で大量のゆるウンをした(笑)。ベランダに出してお尻洗った後、しばらく「日陰ぼっこ」させる事にした。


f0095047_21591150.jpg7枚のタイルカーペットをホースでジャージャー洗い終わって見てみると、幸せそうな顔で昼寝していた。グーさんはやっぱベランダが好きなんだよね。今日は特に風も吹いてて気持ちよかったしね。


今日グーさんは2回もお水のボウルをひっくり返した。
いずれも私がグーと別の部屋にいた時に起こったのだが、
ダンナいわく「上半身起こして私のいる方向に動こうとしてひっくり返した」そう。
実は今日の夕方からまたちょっと呼吸が荒くなってきたのだが(以前ほどじゃないけど)
ダンナいわく「私の姿が見えない時の方がゼロゼロ言う」そう。

ゴックンにしろ点滴にしろ
私はいつもグーにとって嫌な事ばっかやってるから
ちょっと嫌われちゃったかもなー、なんて思ってたけど(笑)
実は頼ってくれちゃったりしてる?
と思ったら、無性に嬉しくなった。(#^^#)
最近よくグーがピコを叱る、と昨日書いたが
その時の状況をプレーバックしてみても
確かに私がグーの側にいる時が多いかも。

グーはピコと違って甘え方があまり上手じゃない。
でもホントは甘えん坊ちゃんだったんだ。
かわいいヤツめ。

今日の獣医。
この2週間で(尿毒症で)めっちゃ高くなってしまった
腎臓の数値がナント正常値に戻った!
これで一番恐れていた腎不全はとりあえず回避。

せっせとオシッコ作ったグー、えらいぞ!
それをせっせと吸引した私、えらいぞ!(爆)

ヘマトクリットは1%下がって24%。
(点滴でもっと血液薄まっちゃったかと思った)
とりあえず様子見で、必要に応じてまた輸血。


f0095047_22264398.jpgグーのキレイな肺。


f0095047_22274215.jpg白いポツポツが転移。


f0095047_2228164.jpgどんどんスゴイ事になってるし。


通常こういったポツポツ系の転移はレントゲンには映りにくいらしい。
それが2Dしか映らないレントゲンにこれだけ映ってるという事は
3Dで考えた時に相当広がっているというか、
沢山のポツポツが重ならない限りここまで映らないらしい。
だから「まだ黒い(侵されてない)部分がいっぱいあるじゃん」ってのは間違いらしく、
実際は肺のほとんどに転移しているらしい。
で、こういった肺全体にポツポツ広がる転移は呼吸が相当苦しくなるらしい。

いや、でも、抗がん剤も放射線もなーんもしないでも
ここまで頑張れるってのは驚異的というか、
何度も何度も危機を回避してきたグーさんは
本当にすごいヤツだと思う。
[PR]
by goopicot | 2006-09-10 23:06



2006年 09月 09日
いい1日
グーさん、引き続き調子いいです。
今日も流動食を吐きませんでした。

流動食の回数・・・オシッコの時間・・・点滴・・・
頭ん中がかなりこんがらがってきました。(笑)
それぞれちゃんとメモっとかないと
いつ何やったかすぐ忘れてしまいます。

流動食の中身は、というと:
昨日:
レバー、手羽元(骨なし)、人参、キャベツ、
ゴートミルクパウダー、サーモンオイル、
AHCC、グリーンパウダー、胃薬。
今日:
牛、卵白、ゴートミルクパウダー、
人参、キャベツ、サーモンオイル、AHCC、
グリーンパウダー、胃薬。
ってな感じです。(レシピに根拠はありません)
水加えてミキサーでガーしてドロドロにしてます。
60〜90mlを、1日5回くらいに分けてシリンジで与えてます。
全体量としては、1日2食食べてた頃の1食分くらいかな。

グーは大人しいから針ささってる部分を噛んじゃったりしないし、
もう自力では移動出来ないからチューブがこんがらがるなんて事もないし、
点滴の最中ほっといても大丈夫だろう・・・と思ってたら大間違い。
針ささってる腕を少し折り曲げただけで、すぐ点滴が入らなくなってしまいます。
そんな時は腕を伸ばしたり腕の屈伸運動をすると、またポタポタと入っていきます。

500mlを6時間かけてゆっくり入れます。
15滴で1mlなので、3〜4秒に1滴の設定です。
6時間連続でビターッと見張っているのは不可能なので
今日みたいにダンナと交互に見張れる時以外は
基本的に日中と夜と半分に分けて入れています。
針は4〜5日なら入れっぱなしで大丈夫らしいです。
(明日交換に行きます)

平日の私はグーの介護と仕事と家事でいっぱいいっぱい。
ピコには食事を与えて、庭で走り回らせて・・・おしまい。(^^;
だいぶストレスが溜まってきたようです。
無理もありません・・・本当にごめん、ピコ。
今日こそ私がグーを見張っている間に
ダンナに海に連れてってもらう事にしました。

二人を見送るグーさん、目がかなり怒ってました。(笑)

海に行けなかった腹いせか、大量のゆるウンを背中までベットリ!
いくら拭いても取れない、クサい。
しょうがない、床にペットシート敷き詰めて洗面器にお湯入れて
点滴しながら部分シャンプーすることに。
こんな時、下半身麻痺は困ります。

さてさて、今日グーさんはマーフィーママ&パパからプレゼントを頂きました。
ココのご近所にお友達がいらっしゃるらしく、そのお宅にいらっしゃる途中に
黒ラブのグーフィーちゃんとコッカーのもんじゃちゃんと一緒に寄ってくださったのです。
マーフィーママとは大昔にお会いした事がありますが
ゆっくりお話するのは今回が初めて。
でも何故か全くそんな気がしない、勝手にマブダチ気分。(笑)
グーだけでなく人間にまで濃厚なチョコレートケーキを頂いてしまいました。
(チョコフリークのダンナは大喜び)
マーフィーママ&パパ、本当にありがとうございました!

ちなみにプレゼントのぬいぐるみは
ピコがちょっと目を合わせただけで
こんなんなるほどお気に入りでした。(笑)

ところで、グーさん。
下半身麻痺になってからピコに怒る事が多くなりました。
単なる八つ当たりか、それとも動けないなりに
兄としての「威厳」を保とうとしているのでしょうか?(笑)
[PR]
by goopicot | 2006-09-09 23:06



2006年 09月 08日
プチ復活!?
点滴でちょっと気分が良くなったのか?
吐き気止めがちょっと効いたのか?

今日は流動食を一度も吐かなかった!
オモチャでも遊んだし、ピコも叱ったし、
ダンナが帰ってきたらシッポも振った!

すごすぎます、グーの底力。

やっぱ口から食べられた日は調子がいいっぽい。
明日も吐かないといいなぁ。

f0095047_0351529.jpg←コレ、私が産まれた時から小学4年生頃まで不気味なほど執着していたぬいぐるみ。毎晩必ず一緒にベッドに入っては耳をクチャクチャやってたもんだからメッチャ唾液臭くて、でも母に絶対洗わせなくて。初代うさぎの「うさちゃん」は中の綿が完全に出ちゃって皮だけになっちゃって。幼稚園の頃、二代目うさぎの「とんちゃん」と犬の「もぐちゃん」(もぐらだと思ってた)がやって来た時は感極まって歌まで作曲して(笑)。自分の「分身」だったこのぬいぐるみ、今日たまたまテレビで紹介されてて、何一つ変わらないその姿に目が釘付けになって、大急ぎでグーさんのために注文した。


あ〜思い出す、あの肌触りと口当たり。(#^^#)
[PR]
by goopicot | 2006-09-08 23:39



2006年 09月 07日
グーピコ・クリニック
f0095047_22364123.jpgグーピコ・クリニックへようこそ。
当クリニックではワンちゃんへの点滴、酸素吸入、流動食給餌、排尿/排便補助等を行っております。


f0095047_22511645.jpg光溢れるお部屋(どっぷり夜)で、あなたの愛犬に最高級のケアを提供致します。各種ビタミン、吐き気止め、抗生物質など、そのコそのコの症状に合ったカクテルを、経験豊かなスタッフ(初体験、静脈に空気入りそうになった)がたっぷり6時間をかけて点滴致します。空気清浄機、冷暖房完備。ワンちゃんにリラックスして頂けるようBGMはモーツァルトやショパンを流しています。(報道ステーション大音量)


f0095047_2244318.jpgお連れのワンちゃんは広々としたウェイティングルームでお待ち頂けます。(半畳閉じ込め)


f0095047_22532950.jpgカテーテル装着のワンちゃんもどうぞご安心ください。数時間おきにオシッコを吸引致します。


f0095047_237096.jpg1本700円のシリンジも1度使ったら惜しげもなく捨てます。洗って繰り返し使うなんて不衛生な事は致しません。(洗い過ぎでハゲてきた)


皆様のご来院、心よりお待ち致しております。

点滴に書いてある「生食」をどうしても「なましょく」と読んでしまう私・・・(笑)

p.s.グーさん中腰で持ったら背中をねじってしまった。(>_<)
歩く度にピキン・・・ビキン・・・心臓が止まりそうー。
でもこんなの、グーさんの辛さに比べたらなんでもない!
湿布と気合いで治すぞ〜!おぉぉぉおーーー!!!(・・・うっ、ピキン)
[PR]
by goopicot | 2006-09-07 23:29



2006年 09月 06日
迷い
このヘナチョコブログを始めた時
1日の最高アクセス数は7だった。(笑)
グーがガンにかかってから日に日にアクセス数が増えていき、
今ではなんと3桁にまで膨れ上がった!
き、キンチョーする。(ウソばっか)

友人1人1人にグーの現状報告する時間がないので
全員に「ブログ見て!」で済ませてるってのも
アクセス数があがった理由の1つだと思う。
でも他のブログにめったに書き込みをしない
ネット上で極めて非社交的な(笑)私が
知らない方から沢山のメールやコメントを頂くという事は、
やはり犬飼いにとってガンとは非常に関心度の高い
とっても身近な問題なんだと思う。

時々自分の文章読み返しては
「うわー、てにおは間違ってるよー」とか
「なんじゃコレ、意味通じないしー」ってな事もあるけど(笑)
それよりも一番驚くのは、言ってる事がコロコロ変わること。
やたら前向きだったかと思うと、翌日ドヨーンと暗くなってたり。
これ、知らない人が読んだら絶対
「こいつ何者?ヘンなヤツー!」って思ってるに違いないよー!
と反省したりするのだが、書いてしまったものは仕方ない。(笑)

いや実際、今の私はちょっと変なのかもしれない。
朝と夜とで考えが180度変わったりするのだ。
グーの状態に比例して、私の考えもコロコロ変わる。
ブログを書いた1時間後には正反対の事を考えてたりするのだ。(笑)

でもまぁ、今後もその時その時に感じたままを書いて行こうと思う。
(実はこれって自分のストレス発散のためだったりする)

不思議な事がある。
グーは2日前までは食べ物を受けつけていた。
オヤツも自分で食べていたし、水も飲んでいた。
でも呼吸はこんな、本当に苦しそうだった。


f0095047_2239583.jpg2日前から食べ物を一切受けつけなくなった。ゴックンさせても吐いてしまう。オヤツもダメ、水もあまり飲まない。でも呼吸はこんな、とっても穏やか。


f0095047_2242464.jpg今日、グーの元親のYさんがお見舞いに来てくださった。シッポをぶんぶん振って(まだシッポに神経かよってた事に驚いた)今にも立ち上がらんばかりの勢い!お土産で頂いたオモチャをフガフガくわえて大喜び!


苦しむくらいなら・・・と本気で思っていた。
でも昨日、今日の穏やかなグーを見ていると、また心が揺らいでしまう。
もう少し一緒にいたいな、と思ってしまう。


f0095047_23245537.jpg流動食を作ってみた。
1回90ml(30ml×3プッシュ)が限界、でも今んとこ吐かない。
全然足りないかもしれない。
気休めにしかならないかもしれない。
でも、何回かに分けて与えてみようかな・・・。
[PR]
by goopicot | 2006-09-06 23:49



2006年 09月 05日
グーの心
友人に電話をかけた。
グーに少しでも長く私と一緒にいて欲しい・・・
でも苦しんで欲しくない・・・
このままゴックンさせ続ける事について
心の中で大きな迷いがあったから。

答えなんて出るはずもない。
正しい答えがあるのかも分からない。
でもグーの体が受けつける限り、
私は食べさせるのをやめられない。

きっとグー自身が教えてくれるだろう。
そう思って電話を切った。

グーには内緒のつもりだった。
だから別の部屋から小声で電話した。

都内のあるお仕事からしばらくお休みを頂く事にした。
昨年に比べて自宅で過ごせる時間が増えた。
お休みが始まってすぐ、グーのガンが発覚した。

自力でしっかり歩いていたグー。
しばらく使わずに置いておくつもりで車椅子を手配した。
到着した翌々日、グーは下半身麻痺になった。

スヤスヤと呼吸していたグー。
念のため酸素吸入器を早めに手配した。
設置して数時間後、呼吸が急にひどくなった。

偶然かもしれない。
たまたまタイミングがよかったのかもしれない。
でも、私にはそう思えない。
グーには何もかも分かっている。
グーが全てこっちのタイミングに合わせてくれたのだ。

今朝からグーが食べ物を受けつけなくなった。
ゴックンさせても吐いてしまう。
水もほとんど飲まない、オシッコもほとんど出ない。
だるそうではあるが、呼吸は穏やか。

もう迷いたくても迷えない。
私はまたグーに救われてしまった。

先日獣医に言われた。
「正直に言いますね。あの時の状況から考えると
もっと早いかと思っていました。」

この3ヶ月間、グーは本当に頑張った。
自分のためではなく、多分私のために。
私の心が壊れてしまわないように、
グーが私に最後の時間を与えてくれた。

グーの心が分かる。
グーが私に語りかけている。

私は本当に幸せだ。
[PR]
by goopicot | 2006-09-05 20:48